blog index

〜かすみさんの徒然日記〜

暑い・・・
歴タメLIVE2

先日、タケさんと歴タメLIVEに行って参りました〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

戦国鍋テレビのプロデューサーでもある座間さんが企画しているイベントです。

今回のライヴは2回目。

一回目も存在は知っていたんですが、ちょっと怖かったというか。

何しろ、舞台の一作目のマルガリータが今一つだったり、

俺地図が全然面白くなかったり・・・

がっかりすることが続いたので、今回もどうかなー?

と半ばびくびくしていたんですが・・・

 

とても楽しんで観れました!!!(゚▽゚*)ニパッ♪

 

会場の山野ホールは、専門学校の講堂。

入学式とかしてそうな雰囲気。

後ろの方の席は割とちゃんとした席でしたが、前の方はパイプ椅子でした。

でも、役者さんたちが舞台から降りてきて近くを通ったりしまくるのでちょっと羨ましかったり。

 

最初は音楽に合わせてみなさんスタイリッシュに登場!

ものすごく本格的な和太鼓のユニットの方や津軽三味線の方たちもいらして、感動です!

司会ははんにゃの金田さんとレキシくんこと長谷川さん。

今回の登場人物を最初に詳しく紹介&解説してくれました。

最初に全部紹介してくれるのって、あまりスタイリッシュな見せ方ではないとは思うんですが、

「意味わかんない、何?これ」

とはならないので、親切だなーと思いましたよ。

 

歴史コントが何本かあって、合間にはアニメとかこの歴タメliveの宣伝番組がTVKで前編&後編流れていたんですが、それが流されていました。

でも、なぜか後編が先で前編が後に流れていたのが謎でした。

歴史コントはゆる〜い感じの笑える内容で、鍋を思い起こします。

和太鼓や津軽三味線は超本格的で、格好良いし感動的なのですが・・・勿体ない感が満載(^_^;)

だって、このぐだぐだなMCとゆる〜い感じのコントに、なぜここだけ本格的な演奏が・・・!!!?

 

うちわやサイリウムライトの持ち込みOKで、一緒に盛り上がりましょう!

ってことだったのですが、サイリウム振り回せそうな箇所はエンディングでのラップ部分のみでした・・・。

殆どがコントだったから・・・ねぇ・・・。

持ってき甲斐がないというか・・・。

 

ラップで盛り上がった後はカーテンコールがあって、

演者さん皆でお見送りがありました。

お見送りをしてくれる回に参加できたのは初めてかも♪

 

テープで仕切られた場所に一列に並んで挨拶をしてくれる演者の皆さん。

触れたりとかはできないけれど、声を掛けるのはOKです^^

1〜2秒だけど、

「楽しかったです、ありがとう〜!」

って言えました。

 

思いがけず楽しかったので、第一弾のDVD、買っちゃおうかな・・・。

そして、年末のるひまの舞台、行っちゃおうかな、どうしようかな〜・・・。

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 趣味 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
緑茶への情熱

相変わらず緑茶が大好きです。

製品化されているお茶は、今一つ自分の好みの味ではないことと、値段が高いので自分で煎れています。

会社には空のペットボトルに自分で煎れたお茶を入れて持って行っています。

魔法瓶の水筒で緑茶を持っていくと、酸化してしまいものすごい色だったりものすごい変な匂いになってしまうのですが、ペットボトルだと不思議なことに酸化しないのよね。

水色濃い緑で出る葉っぱを使うのが良いですね。

渋いのが飲みたいときは静岡の深蒸しとか狭山茶とか

あっさりしたのが飲みたいときは知覧茶などが良いんじゃないかと思ってます。

 

急須に淹れたお茶をペットボトルに入れて・・・

IMG_7118.JPG

12時間後がこちら↓

IMG_7123.JPG

味もそんなに変わらないので、いつもペットボトルを利用しているのですが、

気温が30度を超えると

6時間くらい経った時点から腐り始めてしまうという欠点が。

職場のロッカー、暑いのよね!!

 

そこで購入したのが、冷凍ボトル!!!

IMG_7119.JPG

結構頑丈な作りで温度の変化にも強そうです。

とりあえず、夜に帰宅してすぐにお湯を沸かし急須に緑茶を淹れます。

そのまま冷蔵庫で冷やします。

その間にペットボトルを洗って水けをきります。

寝る前になると急須もしっかり冷えて良い感じに。

冷たくなった緑茶をペットボトルに入れて冷凍庫へ。

でも、膨張が恐いので蓋は外して凍らせてます。

朝、出かける前に冷凍庫から取り出し、蓋を閉めて完成♪

 

普段面倒くさがりで、炊事や片づけも大嫌いな私。

なのにここまで手間をかけて10時間くらい時間もかけて毎日冷凍緑茶を作ってるのが不思議ー。

でも、うまいんだな、これが♪

 

IMG_7068.JPG

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | いろいろ | 00:10 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
日枝神社

午前中に迎賓館を堪能した私とYUKI。

午後はとりあえず近くにある日枝神社に行ってみることにしました。

今、東京にある神社・仏閣および大名屋敷跡をちょこちょこ制覇中なのです!

 

日枝神社は溜池山王の駅からすぐの場所。

案内図に従って進んでいきます。

IMG_7116.PNG

すると大きな鳥居の後ろにそびえる大階段と

IMG_7117.JPG

巨大エスカレーターがありました・・・。

都心の神社はエスカレーター完備なんですね・・・。

すごいや。

IMG_7099.JPG

エスカレーターを乗り切ると、境内に到着!

IMG_7102.JPG

どうやら我々が通ってきたのは、正面ではなかったらしい。

南神門から入りますと

IMG_7103.JPG

広くて美しいではありませんか!!!

IMG_7104.JPG

そしてすごい昇って来たのに、巨大ビルの谷間にあるって不思議な感じよ。

さすが都会。

IMG_7111.JPG

 

IMG_7106.JPG

日枝神社は、比叡山にある日吉神社の系統。

やっぱりまさる(ま猿)さんが祀られておりました。

去年山王祭のパレードだけ観たけれどようやく御挨拶に来れました。

立派でキレイでそしてスタイリッシュ。

都会の神社って感じでした!

IMG_7110.JPG

帰りは正面から帰ってみました。

IMG_7112.JPG

 

IMG_7113.JPG

 

IMG_7114.JPG

 

IMG_7115.JPG

 

日枝神社から出てくると、そこはもう国会議事堂のすぐそば。

私「そういえば国会議事堂って行ったことないかも」

Y「今度行ってみようよ^^」

私「国会図書館は一度行ったような気が・・・?」

Y「ほら、高校の時に図書委員会で行ったじゃない♪」

私「言われてみるとそんなような気が・・・」

てな訳で、次回の社会科見学は国会図書館&国会議事堂!!

学生さんたちの夏休みが終わった頃に訪れたいと思います(゚▽゚*)ニパッ♪

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 東京散歩 | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
とんかつ四谷たけだ

JUGEMテーマ:グルメ

 

IMG_7097.JPG

かつれつ 四谷たけだ
ジャンル:とんかつ
アクセス:東京メトロ南北線四ツ谷駅2番口 徒歩1分
住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷1-4-2 峯村ビル1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 四谷(四ツ谷)×とんかつ(トンカツ)

_____________________

 

迎賓館を堪能した後は、前回3月に行列を横目に見ながら通り過ぎた、かつれつ四谷たけだへGO!

「四ツ谷 ランチ」で検索掛けると、どのサイトにも紹介されてるのよね〜。

実際、すごい行列だったし。

この日も13:00頃行ったのですが、5〜6人外で待ってました。

 

おススメは、ソースをかけて食べるとんかつでした。

ソースをかける前に、塩だけで一回食べてみるのが良いんだとか。

すっごい悩んだんですが、どんなに良い肉でも脂もたれが気になる今日この頃。

おろしポン酢がかかってる奴にしました。

IMG_7098.JPG

お肉、柔らかくて美味しかったです。

家でしゃぶしゃぶサラダとかする時って、お肉150gくらいペロリと食べちゃうんですよね。

メニューでとんかつ130gと200g散々迷って、

ダイエットしてるから欲張らずに130gで我慢しよう・・・とか思ってたんですけど

とんかつってやっぱり外側についてる衣が効いてますよね。

130gで満腹になりました。

というか、100gくらいで良かったかもしれない。

最後の30gくらいは、ポン酢で良かった・・・と思いました。

ポン酢のおかげで胃もたれせずに完食できました。

味は好きなのに、胃がへたれなせいでどんどん油ものが食べられなくなってきています(T_T)

年齢重ねて一番嫌な事って、好きな味なのに食べられなくなる辛さかも。

 

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | グルメ | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
迎賓館和風別館 游心亭

先日、迎賓館の和風別館である游心亭に行って参りました〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

前回3月に迎賓館の本館に行って、別館があるということを知り、応募して落選すること数回。

ようやく当選しました〜(T_T)

一日10回観覧ツアーを行っていて、それぞれ定員が20名ずつなので、一日200名限定ということになるのですが、世の中そんなに迎賓館に来たがっている人がいることに驚きです。

 

さて、この日のツアーは10:30から。

当選メールには、10:00には迎賓館の門まで来てくださいとの文面が。

四ツ谷から迎賓館までもそこそこ遠いので9:45分に待ち合わせ。

10:00ちょっと前に迎賓館の門付近まで来ると、既に長蛇の列です。

世の中のみなさんって、こんなにアクティブなんですね!!

すると

係「和風別館当選の方はお知らせくださーーーい!!」

係員の方に当選メールを見せると、番号札的なものをもらいました。

係「札持ってる方は、こちらに来てくださーーーい!!!」

長蛇の列を横目にどんどん我々は進んでいきます。

ファストパス( ̄∀ ̄*)♪

門をくぐり、中へ。

お次に受けるのは荷物検査。

これもファストパス的な感じで待ち時間なしで通過。

入場券を買い、お手洗いへ立ち寄り、本館の入り口を通り過ぎ

IMG_7091.JPG

本館の裏側の庭園の

IMG_7089.JPG

噴水を通り過ぎた辺りの端っこに

IMG_7088.JPG

テントがあるので、そこに集合です。

IMG_7087.JPG

我々がテントにたどり着いたのは、10:25頃。

あんなにファストパス的に抜かしまくったのに、結構時間が経っていたことにびっくりです。

受付を済ませ、注意事項を聴いていざ出発♪

 

一回のツアーは20名まで。

ガイドさん一人と警備員さん前後に一人ずつなので23人で行動します。

ガイドさんのマイクがちょっと不調で聞きづらかったのが難点でしたが、炎天下の中汗もかかず化粧崩れもせずヒールで凛としてらっしゃいました。

すごいなぁ。

では、橋を渡り別館に向かいます。ぞろぞろ。

IMG_7074.JPG

色んな木々を観ながら、別館に到着。

外側からの写真撮影は自由に行えます。ぞろぞろ。

IMG_7077.JPG

 

IMG_7078.JPG

警「芝生は絶対踏まないでください!」

幅1mくらいの道を進んでいきます。ぞろぞろ。

IMG_7082.JPG

ぞろぞろ。

IMG_7083.JPG

別館の前は築山になっていて、外界が見えにくくなっています。

IMG_7084.JPG

建物の中は撮影禁止&やっぱり床やら壁も触ってはいけないので気を遣います。

またもパンフレットを撮影してみます。

IMG_7126.JPG

中から庭園を見ると、こんな感じ。

IMG_7127.JPG

和室とかお茶室とか見せてもらいました。

やっぱり、宿泊するお部屋は見せてもらえませんでした。

気になる―――。

調度品やら壁紙とか床に使われてる石材とかいろいろすごいものが多かったのですが、コンセントの差し込み口と消火器に関してはどこにでもある一般的なものでした。

どうしても貧乏人だから、どこかしら庶民的なものはないかどうか探したくなるのよね(^_^;)

コンセントの差し込み口はもうちょっとどうにかすればいいのに…。

IMG_7129.JPG

和風別館のツアーは45分ほど。

ガイドさんのお話も上手であっという間でしたよ。

 

折角なので、本館にも立ち寄りました。

値段は本館だけ見ても、本館&別館両方見ても変わらないので、だったら両方見たいよね。

二回目だから軽く観るだけって思ってたんですが、

私「o(゚▽゚o)わあ♪」

Y「やっぱり、いいよねぇ(*´ェ`*)」

意外と時間かかりましたw

そしてやっぱりコンセントは普通のやつでしたww

 

本館を出て表の庭を歩いて帰路に着きます。

灼熱地獄の広場に素敵な看板がww

IMG_7092.JPG

近づいてみると、ドリンク売ってる横に郵便局の出張所がありました。

迎賓館の消印スタンプ押してくれるんですって☆

IMG_7095.JPG

お手紙好きの方は、ぜひに。

 

IMG_7096.JPG

すんごい暑かったけど、こうして普段なかなか来れないところを見学するのって、楽しいね(゚▽゚*)ニパッ♪

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 東京散歩 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


bolg index このページの先頭へ