blog index

〜かすみさんの徒然日記〜

半袖になり生傷が絶えない今日この頃
<< 夏のボーナス | main | メロンスイーツビュッフェ >>
日銀&貨幣博物館見学

生命の危険を感じる暑さが続いておりますが、先日日銀こと日本銀行の見学に行って参りました〜て(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

東京ってあちこち社会科見学できて楽しいよね。

日銀の見学はwebサイトを熟読の上、電話で申し込みます。

電話で代表者の住所や電話番号などを伝え、一緒に行く人の住所や名前なども聞かれます。

2〜3日後に自宅に「見学証」という書類が送られてきますので、それを持参して臨みます。

当日は時間厳守・見学証と身分証明書を持参。

不備があったら入館できないという厳しい仕組みなので、なかなか緊張します。

 

当日もめちゃくちゃ暑くて日差しも強く写真など取っている場合ではなかったので、今回は写真なしです。

免振工事中ということで、地下金庫などは見られませんという説明は受けていたんですが・・・旧館すべて立ち入り禁止ということで外から覗くだけとなりました。

工事中ってのも貴重と言えば貴重なのでそれはそれで楽しいと無理やり納得することにしました。

旧館の工事が終わるのが来年の夏ということで、ちょうど一年後です。

また来なくっちゃね。

暑いのと旧館が見られないということが原因なのか、参加者は私とM先輩とKちゃんの3人だけでした。

貸し切り!!!

案内してくれたのは可愛らしいお姉さん。

そして警備に男性が一人ついてきておりました。

やっぱりきっちりしているわ。

 

まずはガイダンスのDVDを20分程見て、旧館の工事を見ながら建物の歴史とかを学びます。

廊下には、金塊の本物&レプリカが展示されてるほか

IMG_9765.JPG

印刷前の一億円束が展示されております。

手前の小さめブロックが一千万円束・奥の大きな塊が一億円束となっております。

かなりの重さでしたよ!!!

印刷した後のやつ、欲しいなぁ〜www

IMG_9766.JPG

 

お次は新館の窓口業務を見学。

日銀は、銀行のための銀行&政府のための銀行なので一般人は口座を持てません。

でも、ほとんど使われていないながらも窓口があって沢山の行員さんが業務を行っていました。

今では業務が全て新館で行われているそうです。

行員さんが制服ではなく、私服で働いているのが意外でした。

 

日本銀行は公共性が高いものの公務員ではないそうなので、就職は普通に日銀の試験や面接などを受けるそうです。

すっごいレベル高そう(;^ω^)

 

最後に外から旧館の外観を見て解説を受けて、見学終了です。

お土産に細かくシュレッダーされたお札をもらいました。

ガイドのお姉さんも汗だくだくの中ありがとうございましたm(__)m

 

日銀の向かいには、貨幣博物館が併設しておりまして、折角なのでそちらも見学することにしました。

日銀も貨幣博物館も見学無料です。

まず、涼しさに癒されましたよねw

涼みながらガイダンスDVDをちょっと見て、いざ展示室へ。

展示室は意外と広く、そして古代の貝殻のお金から和同開珎などの古代銭貨、藩札やら小判やらさまざまなお金が展示&解説されてした。

ちょっとこの日は時間がなかったので、急ぎ目に見たんですが・・・じっくり見たら3〜4時間は見れる感じ!!!

特に江戸時代に各藩で使われていた藩札は興味深かったです。

全然期待していなかったんですけど、ものすごく面白かったです!!!

無料だし職場から近いしまた行こうっと。

 

ちなみに、お金を印刷しているのは国立印刷局という機関で何と工場見学もできるとのこと!!

てっきり場所は秘密だと思っていたのでこんなにオープンな姿勢なことに驚きです!!!

王子山公園の近くだそうなので、桜の時期に行ってみるのも良いですね♪(←人混みすごそうだけど)

  いいね!ボタンの代わりにぽちっとお願いします♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 東京散歩 | 00:12 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
日銀って見学できるんですね。東京にはなかなか行く機会がなく、行ったとしてもほかの観光地に行っちゃいそうなので、行くことはないのかな〜。でも、興味あるんだよな〜。贅沢に時間が取れたら行ってみようかな〜^^
| きりたん | 2018/07/27 9:32 PM |
>きりたんさん
調べてみると意外と見学できるところって多いんですよ。
そのうち警視庁とか裁判所とかにも行ってみようと思ってます(^^)v
東京観光の際にはぜひご検討を♪
| かすみ | 2018/07/27 9:47 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://bigfoot1.jugem.jp/trackback/1057674

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>


bolg index このページの先頭へ