blog index

〜かすみさんの徒然日記〜

忙しくて最近はTwitterの中で生活中です
<< 寒暖差 | main | 俺のイタリアン >>
歌舞伎 観劇してきました!

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

とある日のこと。

ダ「歌舞伎のチケットもらったんだけどさ・・・俺よくわからないから行って来いよ」

私「おおっ!なんて高価なものを!!

  え?いつ?」

ダ「明後日」

私「ん?ペアチケットじゃん!

  しかも明後日ってダーリン休みじゃん!

  普通に二人で行けるじゃん!!?」

ダ「うん、まぁ、別に行ってもいいんだけど・・・」

私「そういう時は『一緒に行こうぜ』って言うもんだぜ?」

というわけで、中二病のダーリンと一緒に歌舞伎を観に行ってきました〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

 

私が以前歌舞伎を見たのは高校生の時。

学校行事で観に行って以来。

音声ガイドがないと意味が全く分からなかった記憶があるので、音声ガイドは必須です。

新しくなった歌舞伎座。

ちゃんと中に入ってみるのは初めてです。

キレイだし、お土産物屋も充実していて楽しいよ♪

IMG_9399.JPG

その日の演目↓

IMG_9400.JPG

調べてびっくりなんですが、歌舞伎って休憩時間も合わせて4時間近くもやるのね(◎_◎;)

今回は全部で3つの話をやるのですが、1話目と2話目の間には30分休憩が入ります。

そこで皆さんお弁当などを楽しまれるわけですが、お弁当の予約は2日前に締め切っているので一昨日の深夜にチケットをGETした我々は間に合わなかったので、売店でサンドイッチなどを買って席で食べることにしました。

 

歌舞伎座の席は明治座のつくりとほぼ一緒でした。

歌舞伎用の舞台ってみんな同じ感じなんでしょうか?

舞台と客席が近くて見やすいですよね。

我々は何と10列目より前のかなり見やすい良席でした♪

音声ガイドは片耳イヤホン。

慣れるまで何か気持ち悪い感じ。

でも音声ガイドあって本当に助かりました。

まずね、やっぱりセリフがなんて言ってるかよくわからないよね。

慣れてくればわかる部分も少しあるけれど、でも基本的にはわからないよね・・・。

そして説明がないとこの人たちはいったい何をやっているのか全く分からないという・・・。

今回のお話は、すんごい長い話のハイライト部分を紹介している感じだったので、そりゃ解説ないと全然わからないのも当然だと思いましたよ・・・。

4時間もあるから、一つの話をじっくりで良かったのになぁ。

とよくわからない私は思いました。

1幕目は、泥棒グループたちのお話でした。

独特な台詞回し、独特なポーズ興味深かったです。

客席が近いからかマイクを使わず肉声でした。

普通の劇と違うなぁと一番思ったのは、一人が話をしているとほかの人はずっと静止していることでした。

一ミリたりとも動かないこの感じ、人形劇みたいでした。

2幕目は、身分違いの恋の物語でした。

聞きなれないセリフと、片耳だけの音声ガイドを頑張って聞き続けて3時間を超え数分夢の中へ落ちておりました(;^ω^)

見回すとそのような方は意外と多くいらっしゃいました。

3幕目は、劇というよりも踊りでした。

踊りでセリフがないからこそ音声ガイドがひたすら解説してくれてわかりやすかったです。

 

いろいろ奥が深い歌舞伎の世界。

今は若者向けに敷居の低い歌舞伎もいろいろ登場しているらしいので、今度はそちらを観に行ってみようかな〜とか思います。

ダーリンの知人の方、ありがとうございましたm(__)m

  いいね!ボタンの代わりにぽちっとお願いします♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 趣味 | 00:35 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
うらやましい。
いつか東京へ歌舞伎を見に行き、
寄席で落語も聞いて帰るというのが
近年の夢になっております。
| ロケッチ | 2018/05/31 10:35 PM |
>ロケッチさん
私も落語はまだ聞いたことがないので、ゆくゆく行ってみたいと思ってます^^
歌舞伎と寄席の合間の観光はお任せください!
| かすみ | 2018/06/01 3:18 PM |
頼りにしてます(⌒∇⌒)
| ロケッチ | 2018/06/01 11:56 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://bigfoot1.jugem.jp/trackback/1057653

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


bolg index このページの先頭へ