blog index

〜かすみさんの徒然日記〜

忙しくて最近はTwitterの中で生活中です
<< Happy Valentine | main | 重ね着研究 2 >>
重ね着研究 1

寒い日が続きますね。

今年の冬は特に寒い。

ので、今年の冬、私は真剣に重ね着の研究をすることにしました。

 

暖かい肌着の代名詞、ユニクロのヒートテック。

あれ、暖かいですか・・・?

私は正直あまり暖かさを感じていません。

ならば、他のメーカーのものはどうなのか?

ミズノのブレスサーモやらゴールドウィンの光電子やらワコールのスゴ衣やらイトーヨーカドーのボディヒーターやらいろんなものを数年かけて試した結果。

大差ありません。

素材を見てみると、大体アクリル・レーヨン・ポリエステル・ポリウレタン・たまに綿・たまに意匠糸でできていることがほとんど。

それの配合率がちょっと違うだけで、あまり変わらないなぁというのが正直なところ。

「今日ね、ヒートテック3枚重ねなの♪」と語る知人。

そりゃぁどんなものでもたくさん着れば暖かいよ!!

そして同じような素材だったら、間違いなく物理的に分厚いものの方が暖かいです。

今冬はユニクロでもヒートテックの極暖とか超極暖とか地厚で起毛の付いたものを展開してたもんね。

やっぱり分厚いものには敵わないということを自身で証明してしまったような気はしています。

 

私が自分自身の体がおかしいと思ったのは、暖房ガンガンつけた部屋でスキーウェアを着てガタガタ震えていた時でした。

雪山行っても構わない服装なのにおかしくない?

吸湿発熱、つまり汗を利用して暖かくなるってさ・・・汗をかいてる時はそもそも体が暖かい時だよ・・・(´□`;)

それを利用して更に熱くされてもさ・・・。

そして寒い時は動いていない時だよ。

分かってるんだよ、動かないせいだってことは・・・。

でも、動かないで過ごしたいときも多いじゃない?

ってか、そもそも汗かかない時に吸湿発熱って有効なのか?

だったら吸湿発熱じゃない暖か肌着を開拓しないといけないよね?

 

そこでたどり着いたのが、合繊系では塩化ビニールが良いのではないかと思い、婦人物で製品化されているひだまり健康肌着を試してみました。

「暖かい♪」というよりは、「あれ?寒くない」というのが感想です。

魔法瓶のように暖かさをキープしてくれるので、屋外で風が強い時でもあまり寒くありません。

分厚いので上に着る洋服は選ぶかなってところと、袖丈着丈が短いので、手首足首は寒いかなってところと、高いので勇気が要るなってところでしょうか。

魔法瓶みたいに暖かいので、冷え切った状態で着るとあまり意味がないような気がしています。

ちゃんと身体が暖かい状態で着る→冷えない

体が冷えてから慌てて着る→あまり暖かくない

銀座ゴアで試着ができるので、気になる方はぜひ!

 

お次は天然素材の研究へ、続く!

_____________________

【アクリル】

石油系素材。ウールによく似た糸。

多分配合が大きいほど暖かい。

長所:暖かい。軽い。安い。可愛い色に染色できる。耐久性がある。

短所:静電気が半端ない。肌がかっさかさに乾燥する。毛玉ができやすい。

【レーヨン】

木材パルプなどを原料とした再生繊維。絹ごし豆腐みたいに柔らかくてなめらか。

アクリルと混ぜることでカサカサに乾燥するのを防止させているんだろうと思う。

長所:吸湿性がある。柔らかい。キジくんがよく舐める(←長所なのかな?)。

短所:しわになりやすい。縮みやすい。水に弱い。

【ポリエステル】

石油系繊維。最近の洋服は殆どポリエステル!

数パーセント混ぜると服の型崩れを防止して丈夫にしてくれる。

長所:とにかく丈夫。型崩れしない。水に強い。安い。

短所:たまに痒くなる。静電気を起こす。汚れを吸い寄せる。

【ポリウレタン】

ゴムっぽい繊維。

長所:入っていると、キレイなシルエットなのに、動きやすい。きつくない。着替えやすい。

短所:漂泊するとすぐボロボロになる。クリーニング溶剤で黄ばむ。伸びきってしまったら寿命。

【塩化ビニール】

現在ある素材の中で実験データ上最も暖かいとされている素材。

テビロンとかロビロンとかダンロンとかいう名前で商標登録されております。

もう何かの怪獣みたいwww

長所:「あれ?寒くない」。肌が乾燥しない。柔らかくて気持ちいい。

短所:高い。静電気を起こす人もいる。熱に弱い。摩耗に弱い。

  いいね!ボタンの代わりにぽちっとお願いします♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | ファッション | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://bigfoot1.jugem.jp/trackback/1057622

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


bolg index このページの先頭へ