blog index

〜かすみさんの徒然日記〜

今年もあと僅か
<< ブロマイド風 | main | ゴールドラッシュ >>
ねえこの凹にハマる音をちょうだい 鑑賞レポ

 

IMG_7310.JPG

 

応援している役者の加藤啓さんが映画を撮ったそうなので、観に行って参りました。

MOOSIC LAB2017という映画と音楽の融合をテーマにした祭典で、色んな監督さんが作品作りに挑戦していました。

啓さんが撮ったのは、『ねえこの凹(あなぼこ)にハマる音をちょうだい』という作品。

単館上映で回数も少ないし、席数も少ないし、予約はできないし、先着順だし、夜の9:10〜だったのですが、タケさんが仕事帰りに新宿まで来てくれて一緒に観賞しました♪

タケさん、さんきゅ☆

 

同時上映で『ぱん』という短編映画も一緒に公開されてました。

ほのぼのな内容かと思いきやまさかのバイオレンスな展開に驚きと動揺が隠せないまま10分の作品は終わりました(^_^;)

「え!?なになに!!?どういうこと・・・!!!?」

 

『ぱん』の次は、啓さんの作品です。

さと兄やコバケンさん、かっちや応援している役者さんたちが勢ぞろいしていて思わずにやついてしまいました。

るひまの舞台でお馴染みの皆さんやら小劇場でよく見かける皆さんも沢山ご出演されてて、やたらと親近感を持って鑑賞できました。

話は哲学的なようなよく分からないようなシュールでなんとなく笑えてなんとなく寂しくて最後はちょっとほっこりするような感じでした。

啓さんは「美人じゃない女性でもずっと見ていたらチラッとかわいく見える瞬間がある」的な事を言っていましたが・・・

何もそこまで!!!

とツッコミを入れまくらずにはいられないほどのダサい衣装ばかり着ていました。

今どきどこでそんな変なトレーナーが売っているのか!!?

 

上映後には登壇挨拶がありまして、啓さん、さと兄、コバケンさん、市川しんぺーさん、中村まことさん、『ぱん』の監督の辻凪子さんがいらっしゃいました。

辻さんは関西にお住いの学生さんだそうで、可愛らしい方でした。

「私も昔パン屋でアルバイトしてまして、(←うんうん(^^))

 そこの店長がめっちゃ嫌なやつで(←・・・)

 映画の中で店長に復讐して鬱憤を晴らさせてもらいました^^(←ヾ(ーー )ォィ)」

でも、学生さんなのにこうして作品を作って世に発表しているんだから大したものよね。

作品の出来栄えはそりゃぁまだまだなところは沢山ある感じでしたけど、動揺が激しかった分、記憶にはめっちゃ残る作品となりましたよ!

 

その後は啓さんたちによる撮影裏話などを聞きました。

出演者の皆さんはそれぞれ舞台本番とかいろいろあって、撮影の日程によって居たり居なかったりする人がいたりとか場面によって桜が咲いてたり咲いてなかったりしてたそうで(^_^;)

映画とか撮るのって大変なんですね。

わいわいしてる感じが聞いていて楽しかったです。

トークショーが終わり、劇場を出るとロビーには演者さんたちがずらりと待機していました。

私たちが見た回が最終上映回だったので、それで沢山いらっしゃったのかも。

こんな近くで観られるなんて貴重だわ♪

でも、話しかける勇気もないので邪魔しないようにそそくさと映画館を後にします。

 

メジャーな映画にはない独特の空気感と特別感。

結構楽しかったです(゚▽゚*)ニパッ♪

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 趣味 | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://bigfoot1.jugem.jp/trackback/1057560

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


bolg index このページの先頭へ