blog index

〜かすみさんの徒然日記〜

いよいよ行楽の秋到来♪
<< 井伊谷 〜井伊家ゆかりの土地を巡る旅〜 | main | 浜松城 >>
三方原 〜三方ヶ原の戦いの痕跡を観る〜

JUGEMテーマ:歴史

 

大河ドラマ館を後にした我々は、浜松城に向かって発車。

その道中は興味深い土地が沢山あります。

 

まずは、三方ヶ原の戦いでお馴染みの古戦場跡!!

IMG_6187.JPG

三方が原(みかたがはら)で覚えていたけれど、地元の方たちには三方原(みかたばらorみかたはら)と呼ばれていました。

みかたがはらってうまく発音できないけど、みかたばらだったら言いやすいですね(^_^;)

すごく知っている地名ですが、ここにあったんですね〜!!

IMG_6186.JPG

元亀3年(1572年)、家康最大の負け戦三方ヶ原の戦い。

信玄の策にまんまと引っかかり、こてんぱんにやられてしまった家康は命からがらこの土地から浜松城に逃げ帰ったと言われています。

恐怖のあまり脱糞してしまったとの逸話も残っています。

31歳のことでした。

IMG_6185.JPG

三方原から浜松城は約5kmくらい。

途中でお腹が空いた家康は、途中にあった茶屋に立ち寄って小豆餅を食べています。

なのでこの辺には、小豆餅という地名が残っています。

IMG_6220.JPG

その茶屋ではないですが、それにあやかった和菓子店がちゃんとあるのも面白いですよね!

小豆餅あおいに立ち寄って、そりゃあもちろん小豆餅をお土産に帰ります。

 

敗走の途中小豆餅を食べていた家康ですが、武田軍の追手が迫ってきたために慌ててまた逃げ始めます。

食い逃げです。

怒った茶屋の婆さんは家康を追いかけ、数キロ離れた場所で追いつき代金を請求しています。

その場所が、銭取(ぜにとり)と呼ばれています。

IMG_6227.JPG

今はバス停でその地名が残るのみとなっているそうです。

頑張って連写したんだけど、車のガラスが曇っていたのでこれが限界でした(^_^;)

銭取って書いてあるの、わかりますか??

 

となると、敗走する家康の馬よりも武田の騎馬隊よりも、婆さんの足の方が速かったというすごいことになるけれど!!?

しかも茶屋から銭取までは大分離れているしね!!?

どこまで本当かわからないけど、婆さん、すごい!!!

そして、ちゃんと痕跡を残しておいている浜松もすごい♪

 

そして城のすぐ近くまで来ると犀ヶ崖公園がありました。

IMG_6257.JPG

 

IMG_6256.JPG

浜松城に戻って体勢を立て直した家康は、夜営している武田軍を急襲します。

この辺りは急な崖が多く、慌てた武田軍は誤って崖に転落して多くの命を失ったと言われています。

家康もそのために、崖に布を敷き遠目からは橋っぽく見えるようにしていたというからすごいことです。

橋だと勘違いした武田軍は布の上を通ろうとして落ちてしまったそうなんです。

やはり近くには布橋というちゃんとした橋が残っています。

 

こちらの公園は、資料館になっているのですが、浜松城に向かうので外観だけで。

結構ちゃんと見て回ろうと思うと一日じゃぁ回りきれないわね・・・。

 

(つづく)

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | その他遠征地区 | 15:02 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
銭取!
そんな伝説あるんですね、さすがは歴女!
| kenbox | 2017/04/20 11:46 AM |
>kenさん
そんな変な伝説は戦国鍋テレビから学びましたww
| かすみ | 2017/04/25 5:43 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://bigfoot1.jugem.jp/trackback/1057496

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>


bolg index このページの先頭へ