blog index

〜かすみさんの徒然日記〜

約一か月遅れで更新中です
<< 川越散策2 〜川越城〜 | main | 監視中 >>
川越散策3 〜喜多院〜

JUGEMテーマ:歴史

 

川越城を堪能した後は、喜多院に向かいます。

IMG_4639.JPG

川越大師喜多院は、家光公誕生の間があるほか春日局の化粧の間があることで知られています。

IMG_4640.JPG

どうやら喜多院が火事で燃えてしまって建物が焼失してしまった時、江戸から別殿を移築したそうな。

だから、家光誕生の間が残っているんだそうです。

IMG_4641.JPG

とりあえず、本堂にお参りをしてから中を拝観します。

喜多院は中は撮影NGです。

IMG_4642.JPG

中は撮影できなかったので若干うろ覚えだけれど、あちこちに東叡山喜多院という記述がありました。

あれ?

山号は各お寺に一つではなかったっけ・・・?

星野山喜多院ってパンフレットに書いてあるけど!!?

と不思議に思った私。

後で調べてみたら、どうやら先に喜多院が東叡山だったらしいんです。

喜多院は平安時代からある古いお寺です。

院っていうからには、どこかの寺の別館ってことだと思うんですが、よくわかりませんでした。

徳川時代になり、江戸城の改築が始まり、江戸の鬼門を守る寛永寺が秀忠によって建立されました。

その時に東叡山の山号を喜多院から寛永寺にしたのだそうです。

ここが元だったんですね。

IMG_4643.JPG

この日はうっかり忘れていたんですが、

喜多院の境内には、日枝神社と東照宮があります。

日枝神社は、比叡山延暦寺をまもる日吉大社から分祀されたお社。

更にそれを分祀して、赤坂の日枝神社ができたそうな。

うーん、日枝神社も行っておけばよかった><

〇叡山系の天台宗のお寺&日吉神社系はセットで鎮座してるんですね〜〜。

IMG_4644.JPG

 

IMG_4645.JPG

家光誕生の間などには、馬のおもちゃなどが置かれていてちょっと面白かったですよ。

春日局の化粧の間には舟箪笥とかいろんな調度品が置かれていて、すこし家光様や春日局さんの生活が垣間見れた気がしました。

それにしても、「移築」ってすごいことですよね。

私のイメージだと家は建てるか壊すかってことしか思いつかないけど、解体して運んで同じように組み立てて同じように生活できるようにできるんだから本当にすごい。

 

川越、今回初めて行ったけど奥深い場所でした。

川越在っての江戸ですね。

そして江戸が栄えての川越ですよね。

深いつながりと歴史を感じることができました。

もうちょっと知識を深めたらまた行こうっと。

 

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | その他遠征地区 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://bigfoot1.jugem.jp/trackback/1057394

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


bolg index このページの先頭へ