blog index

〜かすみさんの徒然日記〜

約一か月遅れで更新中です
<< 川越散策1 | main | 川越散策3 〜喜多院〜 >>
川越散策2 〜川越城〜

JUGEMテーマ:お城

 

さてさて、川越の街を堪能した後はいよいよお城に向かいます。

本丸に到着する前には、中ノ門堀があります。

IMG_4615.JPG

今残っているのは当然一部だけだけど、こんな風になっていたんですね!

IMG_4617.JPG

こういった堀が城の周りをぐるっと、という感じではなくジグザグにめぐらされてて、攻め入る隙を与えなかったのだそうです!

IMG_4618.JPG

 

 

川越城本丸に到着!

と思いきや、目の前には三芳野神社が。

IMG_4621.JPG

看板には、童謡の「とうりゃんせ」発祥の地と謳われています。

IMG_4624.JPG

すごく趣のある参道です。

三芳野神社は川越城内にあったので、お城の守り神として親しまれていたのでしょうね^^

IMG_4626.JPG

さてさてお参りも済ませ、いよいよ川越城本丸を拝観します。

IMG_4620.JPG

入館料はなんと¥100!

館内は写真OKという太っ腹!

(途中から気づいたけど(^_^;))

IMG_4627.JPG

川越城ができたのは、長禄元年(1457年)のこと。

扇谷上杉持朝(おうぎがやつうえすぎもちとも)さんの家臣だった太田道真&道灌父子が築城しました。

太田さんは江戸城も作っているし、埼玉のあちこちの城創りまくっててすごいですよね!

北条早雲さんに対抗するためにできた城っぽいです。

IMG_4628.JPG

その後天文6(1537)年、結局北条さんのものになっちゃうんですけどね・・・(T_T)

そして天正18(1590)年、秀吉の小田原攻めで落城⇒で、徳川のものになりました。

IMG_4629.JPG

江戸にも近くて良い場所なので、徳川政権の重臣たちが配置されていたそうです。

今のこっている建物は嘉永元年(1848)に建てられたものを昭和になってから修繕したもののようです。

IMG_4630.JPG

明治になってからあちこち壊されたりしたのですが、それでも残ってる場所があって、こうして保存されているのは嬉しいことですね^^

IMG_4631.JPG

突然の蝋人形。

ちょっとびっくりします(^_^;)

IMG_4632.JPG

徳川時代当時の全体図。

すごく大きい城だったことが分かります。

IMG_4633.JPG

槍の間。

IMG_4634.JPG

大広間。

実際はどんなふうに使っていたんだろう?

こんなにモノも少なくて殺風景だったのかなぁ?

IMG_4635.JPG

いつか誰か、城の等身大レプリカを作ってホテルをOPENしてくれないかなぁ〜とか思います。

実際どんなふうに使われていたのかとか気になるし、体感してみたいよね。

ヨーロッパとかには古城を利用したホテルとか幾つかあるという噂だけど、日本もやってくれないかなぁ。

でも、水回りは最新のものをお願いしたいけれど(爆)。

 

【衝撃の事実】

ちょく「城といえば昔、上田城行ったじゃん?」

私「えっ!!?うそっ!!?」

ちょ「中学の時の林間学校で長野行った時、全員で行ったよ」

私「長野行ったのは覚えてる!

  雨がひたすら降って、びっしゃびしゃになりながら山道歩いたのしか覚えてない!!!」

ちょ「・・・(^_^;)」

私「今、めっちゃ行きたいよ、上田城なんて!勿体ないっっっ!!!」

ちょ「まぁあの頃はまだ復元とか色々されてなかったから、全然面白くなかったよ」

私「そこまで言われても全然思い出せないっ!!><」

ところどころ記憶が飛んでる時代があるようです・・・┐(´-`)┌

 

<つづく>

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | その他遠征地区 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://bigfoot1.jugem.jp/trackback/1057393

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


bolg index このページの先頭へ