blog index

〜かすみさんの徒然日記〜

<< 葛藤 | main | ありがとう >>
別れ
3月23日 0:30ごろ
チャッピーが息を引き取りました。
1歳12ヶ月でした。




3月22日。
夕方に日記をアップしてからも、チャッピーはどんどん衰弱していった。
いつ息が止まってもおかしくない状態だった。
チャッピーは、私に語りかけた。

「いままでありがとう。
そろそろいくね。
もう、ひとりでだいじょうぶだから」

死に立ち向かっていく動物っていうのは、強いね。
しっかりと自分の運命を受け入れているみたいだった。
チャッピーが死に場所として選んだのは、キッチンに置いてあるキャリーバッグの中だった。
覗いたり邪魔したりしてはいけないってわかっていた。
でも、
気になって
チャッピーを独りにしたくないというよりも
私が独りになりたくなかった。
ダメだってわかっていたけど
キャリーバッグのそばにいた。
チャッピーはやれやれという表情で
でも穏やかそうな顔をしていた。
私ばかりが泣いて泣いて涙が止まらなくて。

こういうとき人間って弱いね。
この状況を受け入れられなくて
未練たっぷりで
弱いし小さい存在だよ。

キャリーバッグに入って3時間も経たないうちに
チャッピーは亡くなった。
一度も振り返ることはなかった。


甘えんぼで
いつまでたっても赤ちゃんみたいだなって
そう思ってたけど
いつの間にか
甘えていたのは私で
チャッピーはずっとずっと
大人だったのかもしれないね。



チャッピー、うちのコになってくれてありがとう。
チャムが亡くなったとき、慰めてくれてありがとう。
私のそばにずっといてくれてありがとう。
本当に大好きでした。
チャッピーがいてくれたおかげで
私は幸せでした。

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | チャム&チャッピー | 16:04 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
少しは気持ちが落ち着いてきたのかな?
無理に心を押し殺すことなんてないからね。
大事な家族を亡くしたのだから。
今はダーさんと一緒に大いに悲しんでください。
| つまみ | 2013/03/28 4:30 PM |
謹んでお悔やみ申しあげます。
昨年末、私の虎太郎がFIPのウェットタイプになり、藁をもつかむ思いで検索してたどり着いたのが、かすみさまのブログでした。
虎太郎は亡くなりましたが、チャッピーちゃんだけは助かってほしいと思っておりました。
チャッピーちゃん、よく頑張りました。
あなたは私の心の支えでした。
ご家族のお気持ちを思うと心が痛み、悲しみにたえません。
心からご冥福をお祈りいたします。
| HK | 2013/03/28 5:14 PM |
悟ったような静かな最期でしたね。
チャッピーさんをカッコいいと思いました。
哀しみで喉から胸まで締め付けられるように痛みます。
ブログにチャッピーさんへのせめてものメッセージを書きました。
見てやってください。
| りん | 2013/03/28 7:51 PM |
>つまみさん
なんか、ようやく落ち着いてきました。
やっぱり寂しいけれど、ようやく向き合えるようになったかな…。

>HKさん
チャッピーを応援してくれてありがとうございます!
HKさんもお辛い思いをされたんですね・・・。
龍之介くんの成長を私も楽しみに応援しています!

>りんくん
沢山のお花、ありがとう。
心に沁みました。
| かすみ | 2013/04/01 11:37 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://bigfoot1.jugem.jp/trackback/1056868

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


bolg index このページの先頭へ