blog index

〜かすみさんの徒然日記〜

暑い・・・
巣鴨

先日、巣鴨に行って参りました〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

久しぶりに幼馴染のちょくさんとデート♪

最初は原宿で待ち合わせをしようかと思っていたのですが、なぜだか「もう一つの原宿」に行ってみたくなったのでした(笑)。

巣鴨と言えば、とげぬき地蔵様で有名な高岩寺

巣鴨駅から少し歩くと、趣のある商店街が。

有名な赤肌着ばっかり置いてる店も健在。

しばらく歩いていくと、高岩寺に到着〜!

IMG_6968.JPG

山門の前にはお線香とかタオルなどが売られていました。

IMG_6969.JPG

よく分かってない我々は、とりあえず線香を買って納めます。

煙を顔やら頭やら腰やらいろんなところにかけてみます。

年齢を重ねるって大変です。

もう、全身に煙かけないと大変です。

 

本殿でお参りを済ませ、ふと脇を見ると長蛇の列!

どうやら観音様を洗うための行列らしい。

私「そうか!それでタオル売ってたのか!」

ちょ「前に来た時はたわしでごしごしやった記憶が・・・?」

後から調べてみたら、先代の洗い観音様は確かにたわし洗いだったそうなんです。

で、摩擦でボロボロになってしまい平成4年に現在の観音様になったそうです。

それで今はタオルなのねぇ。

なるほどー。

列は左の列と右の列と二手に分かれてまして、

それぞれの方向から観音様にお水をかけて、タオルでふく・・・といったことなんですが・・・

前の人が拭いてるそばから、次の人が水かけるもんだから、結構混沌としてました。

観音様一体に対し常に水をかける人二人、拭く人二人の4人が触ってる感じ。

うっかりすると、自分が水かけられます。

きっと若い人が多い場所だとこうはならないなぁとなんとなく思いました。

若い人達だらけだと、写真→水かける→拭く→お辞儀→次の人って感じで全部待つのが暗黙のルールになりそう。

すごい時間かかりそうだけど。

でも、昔のルールはそういえばこう言う感じだったかもなぁ。

20年くらい前、私が社会人に成りたての頃カウンターに列をなして並ぶなんてこと、誰もしてなかったよね。

カウンターを取り囲んで「俺が先だ」とか「私だ」とかよくお客さん同士がケンカになっていたもんなぁ・・・。

何だか時代の流れを感じつつ、次に待ってる方に水かけられそうだったので、一回観音様を撫でるくらいで退散。

「売ってるタオルなんてもったいない!

 下に使い古したタオルが置いてあるからこれ使えばいいのよ!」

憤慨するお婆さん。

タオル一枚¥100

ご利益が欲しかったらそのくらいは快く投資した方が良いよ・・・。

 

高岩寺の代名詞ともいえるとげぬき地蔵様は、秘仏なのだとかで隠されておりました。

すごく有名だからてっきり拝めるかと思っていたので、ちょっと残念。

 

 

高岩寺を後にして、商店街をさらに進んでいきますと路面電車が。

そして、その直前のキワに猿田彦神社が在りました。

IMG_6945.JPG

折角なので、こちらにもお参り。

IMG_6946.JPG

 

猿田彦様は道を切り開く神様だそうで、運命や人生を切り開くにもご利益がある神様なのでした。

いいことがありますように☆

_____________________

 

商店街で買ったお土産。

ゴマ専門店ごま福堂で買ったふりかけ。

びっくりするくらい美味しくて即決でお買上♪

IMG_6954.JPG

そして、高岩寺の目の前にあったお茶屋さんで緑茶をば。

磯田園、そういえば岡崎で「巣鴨にもうちの支店あります^^」って言われたわね。

推しは甘くてまろやかなお茶だったんですが、渋くて苦いお茶を買いました。

新茶と普通のお茶と一本ずつ。

甘くてまろやかな岡崎のお茶は、静岡茶と宇治茶の中間のような味がします。

そういえば足柄のお茶を買った時は、静岡茶と狭山茶の中間のような味がしたように感じました。

恐らく気のせいじゃないと思うんですよね。

お茶の品種のせいなのかそれとも土地のせいなんでしょうか?

不思議ー。

今回はどんな味わいがするのか楽しみです。

IMG_6955.JPG

 

 

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 東京散歩 | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
迎賓館

先日、Yちゃんと一緒に迎賓館に行って参りました〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

IMG_6013.JPG

Yちゃんが行きたいって言ってくれて良かったよ♪

一人で行くのもなんだしさ、なかなか機会がないまま今日に至っていたのよ。

調べたらちょうどその日は予約も整理券も不必要な絶好の観光日和だったのでした。

 

四ツ谷の駅から数分。

大きな門が見えてきます。

IMG_5965.JPG

ここの門の右側をぐるりと回り、手荷物検査を受け、入場券を買って中に入ります。

順路とは違うんですが、門から館までを写真掲げていきます!

IMG_6017.JPG

門の内側。

この日は、空が美しくて殊更白い門が映えます。

IMG_5978.JPG

振り返ると、遠くに迎賓館の本館が。

何て広大なんでしょう。

IMG_5973.JPG

まるで西洋のお城みたい。

でも、よくよく見ると・・・

IMG_5974.JPG

左右に甲冑姿の武将様が・・・。

IMG_5975.JPG

Y「誰なんだろうね?」

私「わからない・・・」

後から迎賓館のサイト調べてみたんだけど、やっぱりわからないっぽいです・・・。

結構謎のオブジェだらけ。

IMG_5976.JPG

 

中は撮影禁止。

調度品だけでなく、壁に触るのも禁止。

カーペット以外の床を踏むことも禁止。

係員「壁や床に至るまで全て国宝となっております。

   触れたり荷物が当たったりしないようにご注意ください」

内装は、本当に豪華で美しかったです。

壁やドアの細部にわたるまで美しい彫刻がなされ、この国のものとは思えない感じでした。

金箔がそれはもう豪華にあしらわれていたりするのですが、でも嫌な感じの金ぴかではないんですよね。

本物ってそういうことなんでしょうか。

建立されてかなりの年月が経つはずなのですが、清々しくきれいで古さを感じませんでした。

「古くて新しい」まるで伊勢神宮を見た時の感想ですが、そんな感じを受けました。

見学できる場所は、コンコースと広間でしたが、コンコース脇にたくさんのナンバリングされたドアが見えます。

国賓用のホテルだから、宿泊用のお部屋なはずなんですけど、どんな部屋になってるんだろう。

と妄想が膨らみます。観たかったなぁ。

撮影禁止なので、広間の写真が載ったパンフレットを撮影してみました。

IMG_6014.JPGIMG_6015.JPGIMG_6016.JPG

実際こんな中を歩いたら、

うわぁ〜o(゚▽゚o)

ってなって、口ポカーンってなっちゃいますよww

 

建物の裏側。

こちらも素敵です。

IMG_5969.JPG

噴水の奥には庭園があったのですが、その先は立ち入り禁止でした。

IMG_5968.JPG

そして、脇の方に別館がありました。

和風別館「游心亭」は、予約が必要なので、こちらは入ることができませんでした。

残念><

次回は絶対予約して行かなくちゃ!

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 東京散歩 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
明治神宮

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

今年の夫婦二人揃っての初詣は、明治神宮に行くことにしました。

去年夏に一回来た時には大雨で大変でしたが、この日は天気も良くって参拝日和でした^^

IMG_5648.JPG

今年ダーリンは後厄ですが、明治神宮では私も厄年になっておりました。

まぁダーリンが厄→家族である私にも禍ってことですもんね。

IMG_5649.JPG

沢山の日本酒の樽。

IMG_5651.JPG

沢山のワインの樽。

和洋折衷ですね^^

 

中はとても広くて参道は長くて。

IMG_5652.JPG

ここが元日だと並びきれないくらい人で溢れかえるのかと思うとげんなりします(´□`;)

やっぱりそこそこ空いてきてからの参拝が好きですね。

 

拝殿に行く前に、清正井(きよまさのいど)があります。

すごく行きたいと思っていた場所なので、拝観料を払って入ってみることにしました。

IMG_5653.JPG

こちらの明治神宮御苑は、もともと熊本藩主の加藤清正さんの屋敷があった場所。

その後、井伊家の屋敷となり、明治維新後皇室の御料地になったそうです。

IMG_5654.JPG

明治天皇が休憩所として建てたのを復元した隔雲亭(かくうんてい)。

IMG_5655.JPG

隔雲亭の前には南池(なんち)が広がり、鯉がうじゃうじゃ泳いでいます。

IMG_5657.JPG

右方向に園内を歩いていくと、もともとは水田だったと言われる菖蒲園があります。

この大きさで菖蒲が咲いていたらきっときれいな事でしょうけど、冬だからね(^_^;)

殺風景な中を進んでいきます。

IMG_5660.JPG

すると奥の方に水源らしきものが見えてきます。

IMG_5663.JPG

この中からお茶にも使うことができるきれいな水が湧いて出てきています。

IMG_5661.JPG

後から知ったのですが、清正井ってパワースポットとしてめちゃくちゃ有名らしいですね!

なにやら待ち受け画面として持っておくと良いとか悪いとか・・・。

あまりパワースポットには興味がない&待ち受けにもしないけれども・・・

IMG_5662.JPG

私が面白いなぁって思ったのは、明治神宮のサイトの説明文。

この井戸は割と最近になるまでどこが水源なのかわからなかったそうなんです。

戦後、苑内の樹を抜いたりしたところ井戸が枯れてしまったんだとか。

そこで慌てて元の位置に木を植え直したところ、また水が出るようになったらしいんです。

土木工事の天才である清正が、地下水脈とか木の配置とかを計算しつくしてここに井戸を掘ったとしたらすごくないですか!!?

超天才じゃないですか(゚▽゚*)♪

清正公が本当に井戸を掘ったかどうかは定かじゃないらしいんですが、400年以上もこうしてきれいな水が湧きつづけるのってすごいですよね!

 

御苑内を散策し終えた後は、しっかりお参り。

IMG_5665.JPG

おみくじもひきました。

明治神宮のおみくじは、大吉とか中吉とか書いてないタイプ。

おみくじを結ぶ枝などもないので、持って帰る専用です。

要約すると、

ダーリンは「努力しなさい」

私は「笑っていなさい」

とのことでした。

ダーリンにはいろいろ努力をしてもらって、私は楽しく笑って一年を過ごそうかと思います^^

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 東京散歩 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
泉岳寺

JUGEMテーマ:歴史

 

世間はクリスマスムードで盛り上がっていた先日泉岳寺に行って参りました〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

まぁ先日というか義士祭の前日に行ってきたんですけどね。

 

泉岳寺の駅には、四十七士の名前が書かれた看板(?)も。

IMG_5538.JPG

出口を出て右に曲がるとあっという間に泉岳寺に到着です。

IMG_5541.JPG

 

IMG_5542.JPG

中門を抜けると

IMG_5543.JPG

正面には泉岳寺の文字が刻まれた山門があり、右手には大石内蔵助良雄さんの銅像が。

IMG_5545.JPG

頑張って何枚か撮ってみたけれどやっぱり逆光・・・(T_T)

IMG_5547.JPG

どっしりとした強い意志を持った佇まいではないですか!

IMG_5548.JPG

そして山門を中に進むと・・・

あちこちで義士祭の準備が行われておりました。

IMG_5549.JPG

境内は準備のための白幕やブルーシートで覆われて、でっかいトラックも沢山稼働しておりました。

翌日の義士祭はそれはすごいことになるんだろうなぁ〜とか思いますが。

混雑してる場所は嫌い。

IMG_5550.JPG

香炉で名称合ってますでしょうか?

真新しくてピカピカでした。

IMG_5551.JPG

混んでいるのは嫌だけど、でもやっぱり義士祭ってどんな感じなのか気になります。

来年は参加してみようかしら。

割かし近所だし。

IMG_5552.JPG

寺の奥には、墓地があり、浅野の殿と四十七士のお墓が並んでいます。

私は戦国鍋テレビに出てきた十数名しか存じ上げなかったのですが、47名の方々それぞれいろんな思いを持って色々なドラマがあったんでしょうね。

墓所は沢山の墓マイラーで溢れかえり、線香の煙でえらいことになっていました。

私も御挨拶として線香を供えて手を合わせて参りました。

ずっと行きたいと思っていた場所だったので、ようやく来れてよかったです^^

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 東京散歩 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
地下謎2016

※ネタバレしないように書いてます!

 

こないだ葉風と一緒に「地下謎2016」に参加してきました〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

リアル脱出ゲームを手掛ける会社がやってる参加型のゲームで、なぞなぞを解きながら東京メトロに乗っていろんな駅や場所に行ったりする体験型のゲームなのです。

待ち合わせの時間の前に私は乗車券付きの地下謎キットを二人分購入。

するとすぐに所要を済ませた葉風から電話が。

葉「あんた今どこよ?

  どうせならなぞなぞの一問目の答えの駅で落ち合わない?

  その方が効率的でしょ」

私「ちょちょちょちょちょっと待って・・・・・・」

葉「・・・・・・・・」

私「・・・・・・?」

葉「・・・・・・・・」

私「・・・・・・???」

葉「・・・・・・・・」

私「無理だ!わからん!!」

という訳で、二人は銀座駅からスタート。

 

葉風はこういった体験型ゲームを一回やった事があるらしくて、いろいろと閃いていた。

葉「多分、〇〇だな!」

私「おお、よくわかったな、すげぇ!」

一問目の答えだと思われる場所に行く。

私「うん、地下謎キット持った集団が沢山いるから間違いなさそうだね(爆)」

葉「答え分からなくても地下謎キット持った人たち目指せばいい感じだね(爆)」

てなわけで、同じゲームを楽しんでいる人たちは沢山いたのでした。

一応ネタバレしないようにコソコソ話ながら考えます(笑)

あと、ウェブサイトにもそれぞれのヒントが書いてありました!

何て言うか、なぞなぞってやらないと頭が固くなるわね。

葉風がいろいろ閃いているのに、全然わかんないもんなー(´□`;)

 

そして意外と行く場所が沢山あったり、乗り換えに時間かかったりしたので時間との勝負になってきました。

私「ツイッターとか見てたら大体5〜6時間かかってるっぽいんだけど、夕飯の予約19:00に入れちゃったんだけどさー、間に合うと思う?」

葉「何だとっ!?急がねば!!」

夜になって来ると、外での指令は結構きつい。

私「私鳥目だから、全然見えないなー(-_-;)」

葉「おいっ(-"-;)」

葉風の大活躍でいい感じの時間帯に謎を解くことができた我々。

 

最後の答えを入力すると、

延長戦みたいな感じで、おまけのもう一問に挑戦することができます。

葉「これをこうして・・・こうかな・・・?」

私「あ、これ、〇〇じゃね?」

葉「!!!」

私「( ̄∀ ̄*)」

葉「最後の最後でおいしいとこ持ってくなwwww」

最後の最後で閃き脳が培われたようでした(^^)v

いろいろ歩き回って、考えて、楽しみながら観光ができるのって楽しいね。

また来年も参加したいなと思ったのでした。

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 東京散歩 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
上野東照宮

JUGEMテーマ:歴史

 

上野公園の中に、東照宮があるのって知ってます?

私は大阪にいる時にテレビで紹介されているのを観て初めて知ったんですが、実は上野動物園のすぐ脇に上野東照宮ってあるんです!

IMG_5474.JPG

もともとこの地は藤堂高虎さんのお屋敷があった場所だったんだとか。

IMG_5475.JPG

家康公が亡くなった時に高虎と天海和尚がお宮を建てたのを

家光公が「こんなんダメだ!やり直し!!!」とダメ出しをして金ぴかりんに作り替えちゃったのが始まりだったそうです。

てな訳で、結構長い参道を歩くと、金色に輝く唐門があります。

IMG_5480.JPG

唐門は拝殿と本殿をぐるっと囲っていて、さまざまな彫刻が施されております。

縁起の良い昇り龍!!↓

IMG_5481.JPG

透塀(すきべい)と彫刻。

日光東照宮もお作りになった方と同じ左甚五郎(ひだり じんごろう)さんの作品だそうです。

IMG_5485.JPG

何とですね、拝観料を払いますと唐門の中に入ることができます。

IMG_5486.JPG

ぐる〜っと回り込むと、拝殿への入り口が。

IMG_5488.JPG

一番最初に見た唐門の内側↓

IMG_5493.JPG

そして、ご拝殿&ご本殿〜!!

IMG_5490.JPG

ちょっとどっちがどっちだかわからなくなっちゃったんですが・・・

IMG_5491.JPG

とにかく金ぴかりんでまばゆい感じ!!

IMG_5495.JPG

何だかすごいものが観れて大感激です。

この中には入れませんが、大迫力でした。

IMG_5497.JPG

参道脇には五重塔。

丁度西日が当たってキレイでした。

目の前の柵は、上野動物園との境界線。

実はこの五重塔は上野動物園の中にあるのでした。

しかも寛永寺の五重塔らしいです。

歴史的なものと何かいろいろ融合して不思議な場所ですよ、上野って。

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 東京散歩 | 01:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ゴッホとゴーギャン展

先日、ゴッホとゴーギャン展を観に行ってきました〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

久しぶりの上野駅はすっかりクリスマスモード。

IMG_5468.JPG

何でもかんでもパンダにすればいいってものじゃないけど、やっぱり可愛いわねw

IMG_5470.JPG

上野公園はほんとにいろんな美術館がありますね。

多分こないだ世界遺産に登録されたらしき建物も↓

IMG_5471.JPG

それを通り過ぎ、奥の方に進んでいくと東京都美術館です。

IMG_5472.JPG

私は全然知らなかったんだけど、ゴッホとゴーギャンは一時期同居していた時があって、その友情を作品に載せて紹介していた感じでした。

先輩「でね、音声ガイダンスが今回目玉でね♪」

音声ガイダンス、あれはよっぽどの美術マニアか、説明文を読むのが大変なお年寄りのためにあるのだろうと思っていたのですが、そうでもないんですね。

今回初めて利用してみました。

この音声ガイドは、史実や資料を元にした会話調で構成されていました。

ゴッホ役:小野大輔さん/ゴーギャン役:杉田智和さん

声優好きの方たちにはたまらない配役だそうです。

 

ゴッホは理想のアトリエを作りたいと思い、南フランスのアルルで暮らし始める。

南フランスの空の色は、大好きな浮世絵と同じ空の色で、日本を感じたらしい。

ゴッホは画家仲間に一緒に暮らそうと誘いをかける。

他には誰を誘ったんだろう?と私は思ったが展示会には情報がなかった。

中でもゴーギャンを熱心に誘っていたらしい。

ゴーギャンはその誘いを受け入れ二人は一緒に生活することに。

ゴッホ「そうだ、ひまわりの花の絵を描こう。ゴーギャンの部屋をひまわりで飾るんだ!」

二人は製作にいそしみ、理想的な生活が訪れたかのように思えた。

しかし、作品に対する考え方の違いなど意見が対立して関係が悪化していった。

ある日、ゴッホはゴーギャンをナイフで襲おうとする。

ゴーギャン「もう君とは暮らせない。僕は家を出るよ」

するとゴッホは自らの耳を切り落とす。

二人の同居生活はわずか二か月だった。

後に傷が癒えたゴッホはゴーギャンが座っていた椅子の絵を残している。

主の姿がない椅子って、なんてもの悲しいんでしょう(:_;)

ゴッホ、ゴーギャンの事大好きだったのね・・・。

でもダメだよ、ヤンデレとかメンヘラは相手を遠ざけるよ!!!

その後ゴッホは精神がますます病んでしまい数年後に自殺。

ゴーギャンは後にアルルの黄色い家でゴッホが用意してくれた椅子を描いている。

その椅子にはたくさんのひまわりが飾ってあった。

ゴーギャンはどんな気持ちでこの絵を描いたんだろう。

何だかちょっと泣きそうだった。

何でしょう、絵画展を観に来たのにお芝居を見終えたかのような感覚。

 

先「完全に腐女子狙った感じやったね(^_^;)」

私「嫌いじゃないですね」

先「もうにやにやが止まらないわー」

私「ちょっと途中やばかったですよねーww」

先「絵は私はゴッホよりゴーギャンの方が好みだわ」

私「私はゴッホに影響をもたらしたとされるモネとかピサロが好きですね」

↑印象派大好き。

 

ゴッホとか今まで全然興味なかったけど、ちょっと面白いですね。

来年はさよならソルシエの再演があるって案内が来たし、どうしようかな・・・。

でも確実に不幸なラストが待っている話を観に行くってのもどうかなー・・・。

うーん、悩ましいわ。

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 東京散歩 | 23:38 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
夏越の祓

JUGEMテーマ:神社仏閣

 

自由が丘を散歩していたら、熊野神社の前を通りかかったので、折角なのでお参りしてみることにしました。

本当に熊野神社って全国あちこちにありますよね。

同じ名前が付いていたら、同じ系列の神社だってことを最近知った私。

いつか熊野大社にも挑戦しようと思います。

IMG_4724.JPG

さてさて、自由が丘の熊野神社。

すぐ脇は繁華街だったりするのに、静寂でそして美しい佇まいではないですか。

IMG_4723.JPG

本堂まで進みますと、何ですか!!!

この輪っかは!?

こんなくぐりたくなる輪っか、見たことあります!?

 

こちらの輪っかは、茅の輪(ちのわ)といい、茅で編んだ輪っかです。

この輪っかを八の字に3回くぐると厄落としになるんだそうです。

そういえばお参りしたのは6月末。

夏越の祓(なごしのはらえ)といって、一年の前半分の厄払いや健康を祈願する行事が執り行われる時期でした。

旧暦で換算すると7月末になり、その頃行われる神社も多いようです。

 

大阪にいたころにお世話になっていた住吉大社も旧暦で夏越の祓を行う神社です。

一度厄払いをお願いしたところそれ以来、夏越の祓の時期と年越しの祓の時期に合わせて人形(ひとがた)と振込用紙が届くようになりました(^_^;)

人形とは、何となく人の形をした紙なんですが、そちらに名前と年齢または干支を書き、人形で体を撫で息を三回吹きかけるのです。

それをまとめて神社に郵送で納めるのです。

大阪にいた頃は不運が続いたし、地元の神様だったし、DMを無視してまた不運が在ったら嫌なので毎回御祓いしてもらってました。

私「今回からどうすべきかねぇ・・・」

ダ「無視してもいいと思うけど、それで厄介事があってもイヤだよな・・・」

私「そうなんだよねぇ・・・」

ダ「俺は別にどっちでもいいぞ(^^)

  奥さんが好きなようにしてくれて良いからな♪」

(↑必殺・人任せ)

悩んだ私は、今回は御祓いしてもらうことにしました。

手紙に今後は東京の地元の神社にお願いしようと考えている旨を記して同封しました。

私「ってことで、ダーリン、はい、名前書いて!」

ダ「書いといてよ・・・(-"-;)」

私「自分で書ける人は自分で書く!

  キジくんのは私が代筆する!」

ダ「何で猫も書くんだっっ!」

私「キジタ 4歳♪」

ダ「・・・( ̄∇ ̄;)」

私「はい、キジくん、人形でなでなでしてあげる〜♪」

キ「なにすんじゃい(-_-メ)」

私「はい、キジくん、人形に鼻息かけて〜〜♪」

キ「なんだ?これ・・・くんくんくんくん・・・」

私「はい、OKで〜す♪」

 

今年の後半も元気で平穏でありますように☆

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 東京散歩 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
山王祭

JUGEMテーマ:歴史

 

先日、6月10日に江戸の三大祭と言われる日枝神社山王祭の神幸祭を観て参りました〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

日枝神社とは、赤坂にある神社で、増上寺と共に江戸の裏鬼門を守っている神社なのです。

お参りしたいなぁと思いつつ、まだ行けておりません(^_^;)

こちらの総本山は、比叡山の日吉神社と言われております(日吉神社に行った日記はこちら)。

 

で、具体的にどんなお祭りなのか!?

ウェブサイトを見ても今一つピンとこなかったのですが、どうやら大々的なパレードを行うらしい!

ということだけは分かりました。

ちょうど、ハイライトである神幸祭の日は休みで午前中に時間があったので、観に行ってみることにしたのでした。

 

日枝神社から行列は出発し、ほぼ一日かけて東京の街をぐるっと回っていくのです。

ウェブサイトには、行列が通るルートと通過予測時刻が載っています。

更に時代は進化しました。

行列は全部で4隊あるのですが、日枝神社のアプリをスマホからダウンロードすると、GPSでどの隊がどの時点にいるかオンタイムでわかるようになっているのです!

恐ろしい時代です!

 

てな訳で、有楽町線麹町駅から参加です!

IMG_4561.JPG

石像も祭仕様に衣替え♪

IMG_4562.JPG

半蔵門の駅の方向に急ぎますと・・・

IMG_4563.JPG

行列発見!!!

IMG_4564.JPG

馬もいるし、皆さん衣装が素敵だし、すごいです!

ってか、普通に道路、車通ってるんですね・・・。

IMG_4565.JPG

もっと近くに寄ってみます。

IMG_4567.JPG

日枝神社のアプリには行列の内容が丁寧に記されていますが、細かくて今一つ見えません(爆)。

IMG_4568.JPG

次々といろんな山車が担がれて来ます。

IMG_4569.JPG

 

IMG_4570.JPG

 

IMG_4572.JPG

 

IMG_4574.JPG

 

IMG_4575.JPG

 

IMG_4576.JPG

 

IMG_4577.JPG

 

IMG_4580.JPG

赤信号になると、行列もきちんと止まります。

その間に通行人や車も通ります。

何も知らないで通りかかったら、びっくりしますよね(@_@;)

IMG_4582.JPG

 

IMG_4583.JPG

日枝神社の守り神、まさるさん!!

IMG_4584.JPG

 

IMG_4585.JPG

 

IMG_4586.JPG

 

IMG_4587.JPG

 

IMG_4590.JPG

 

IMG_4593.JPG

行列の最後尾。

後ろには観光バスがずらりと徐行運転しています。

 

何か大都会で今や無機質なビルが建ち並ぶような場所で、こういった心の通ったお祭りが続いているのってなんだか不思議な感じ。

よくよく見ると、ビルのあちこちで山車が飾ってありました。

IMG_4595.JPG

意外な組み合わせ。

IMG_4596.JPG

次の山王祭は2年後に開催されるそうです(^.^)/

それまでにはちゃんと神社にお参りしようっと★

_____________________

 

今回は、パレードだったので気を使って人の顔を全部見えないように加工しました。

すごく大変でした・・・(´□`;)

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 東京散歩 | 16:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
八王子城跡 2
JUGEMテーマ:お城

さて、居住区の御主殿跡などを堪能した後は、本丸跡に向かいます。
本丸跡は、山の上にあるのでここからは軽い登山が始まります。
ボランティアガイドさんが一緒だと御主殿跡から本丸跡までの近道を進むことができます(^^)v
IMG_4418.JPG
確かに、山です・・・。
IMG_4419.JPG
歩いている途中、大きなヘビも横切ってくれました(@_@;)
ヘビは2番目か3番目に歩いている人が危ない
って言われてるそうですが、本当に3番目に歩いている私の目の前を横切ってくれました。
直線で、まるで誰かが綱を引っ張ったかのようにまっすぐものすごいスピードで横切りました。
蛇行するならわかるんですが、ほんとに直線に動いて行ったので・・・どういう仕組みで動いてるのかあとあと気になりましたよ・・・。
IMG_4420.JPG
本丸跡は、八王子神社の境内のちょっと上にあるのです。
なので、八王子神社の参道の階段から登って行きます。
ここは4合目。
40%も近道できました^^
IMG_4421.JPG
山頂近くの展望スペース。
関東平野が一望できます。
IMG_4423.JPG
頂上。
IMG_4424.JPG
しかし、その案内の上に更に八王子神社があるしっ!
ガ「なんか、この〇合目とか頂上って書いてある石は適当ですよ、あんまりあてにならないんで気にしない方が」
IMG_4426.JPG
階段の上には、八王子神社。
落城して、荒廃した後も地域の氏神様として再建され祀られていたのだとか。
IMG_4427.JPG
八王子神社の横を通り、さらに上へと向かいます。
って・・・
あれ!!?
4人で来てる筈なのに、何か人数増えてませんかい!!?
な〜んて、
ガイドさんのお話が上手だったので、個人で来ていた方が数名紛れて一緒に付いてきたんですね〜w
一人の人はヒール付きのおしゃれスニーカーみたいな靴で上がってきてて、かなり危なっかしかったです。
特に山の中にあるお城は、足元が安定する靴を用意すべきだよ・・・。
IMG_4429.JPG
本丸跡はすごく小さな場所にありました。
IMG_4430.JPG
ここが本当の山頂です。
現在は木々が生い茂っていて、周りを見ることはできませんが
当時は本丸近くは木々は切り落とされていて見晴らしが良かったことでしょう。
天守閣・・・というものはないのですが、これだけ高い場所にあって周りを一望できるとすれば、天然の天守閣みたいなものですよね。
八王子城の山は、他の山とくっついていない独立した山なので360度見渡せる地形なんだそうです。
今は木しか見えないけれど(^_^;)
IMG_4431.JPG
少し下った松木曲輪から。
向いに見えるのは、高尾山。
逆に高尾山から八王子城の山も良く見えるとのこと。
今度は逆から見てみても、面白いかも。
IMG_4432.JPG
山を下って下って、スタート位置に到着〜☆
入り口から山頂までは約40分だそうです!
IMG_4433.JPG
標高は400mほどって言ってましたが、山道歩き慣れてない運動不足の人にとってはまぁまぁ大変な感じでしたよ。
息切らしてよれよれしながら登っていた私だけど、ガイドさんは息一つ切らさず説明しながらしゃきしゃき歩いてました。
依頼されれば最大一日3往復することもあるそうです。
すごいです。
途中犬の散歩をしている方も数名いらっしゃいました。
もっと真剣に体力を作らないとな・・・と反省させられましたよ(^_^;)

「何もない」なんて軽く見られがちな八王子城跡でしたが、思った以上に立派だったし楽しかったです!
ちょっと毒舌でお茶目なガイドさんには本当に感謝です\(^o^)/
  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 東京散歩 | 22:55 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


bolg index このページの先頭へ