blog index

〜かすみさんの徒然日記〜

約一か月遅れで更新中です
就職!
先日から働きはじめました。
就職といっても、正社員ではなく派遣社員なので働き口はすっごいたくさんあるんです。
ちょうど、前職とほぼ同じ内容の求人があったので助かりました♪
私が登録している派遣会社では、一か月以上働かない時期があると有給が全部なくなってしまうほか、保険証を返さなくちゃいけないとか色々あったので、さっさと次の仕事に就くことにしました。
早く決まってくれたので、これでゆっくり歯医者に行けます(笑)

「もうちょっとゆっくりして、いろいろ遊んだら?」
という意見もあったのですが、
基本的に遊んでくれる人たちだって働いてるから、遊んでくれても月に1〜2回だしさ。
働いてなければその分お金が無くなるんだから、遊んでる場合でもないしさ。
失業保険は、あれは嫌いです。
あの制度のおかげで助かった人もいるんだろうけど、堕落した人たちを何人も知っているので、働ける体力と環境がある人は普通に働いた方が良いよ。
何よりも、働いているからこその休日が楽しいんですよね。
働いてないと、何するわけでもなくだらだらとして意味なく時間を無駄に過ごすのが私である。
これで気分よく遊びに行けるよ!

「正社員で探さないの?」
って意見もあったのですが、
正社員って、出勤日は24時間仕事のことを考えてなくちゃやっていけないものだと思うんですよ。
設定は8時間労働かもしれないけど、大体の人は12時間くらい働いてるよね。
往復の通勤時間や取ったことになってる休憩時間や家に帰ってからの仕事の復習やら予習やら自己啓発やらあるからさ、
それを考えると、どうかなーって思ったりします。
派遣社員、私の職種に関してはだいぶ緩い感じで働けるので、かなりの時間趣味に没頭できます。
何を重視するかは人それぞれだけど、私はもうしばらく緩い感じの生活を楽しんでいこうかなーと思ってます。

 
  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 仕事 | 23:06 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
井の中の蛙
長く一つの会社にいると、自分は井の中の蛙なのではないかと思うことがある。
大海を知ろうとして、転職を考えてみたくなる。
しかし、転職というものは大海を知るというよりも、全然知らない別の井戸に飛び込むようなものである。
環境も水質も全く違う未知の世界。
外来種というのは、よっぽど強くなければ生き残れない。
どうしたって、その井戸の中で純粋培養された蛙の方が強いに決まってる。

かつて私も転職して、全く異なる社内文化について行けず、苦しんだ。
今までやってきたことを全て否定し、一から取り組んだが、散々だった。
蹴落とそうとして来る同僚やモラハラを正当化する上司との関係。
そしてそれを是とする社風。
しかし、何より辛いのは自分の能力のなさだった。
今までの会社では、私は「優秀な社員」として評価を受けていた。
なのにこの様は何だ・・・。
頑張れば頑張るほど空回りして、冷静に取り組めば分かることも分からなくなっていた。
自分は何て愚かで惨めで価値がない人間なのだろうと完全に自信を喪失してしまった。
それでも環境が変われば何とかなるかもしれない、そう思い店異動をしても一年はその場所で頑張ろうと心に決めた。
自分に合わないのではないかと思いつつも、6年半も在籍してしまったのはその期間内で6回も店異動したからだ。
最後の店で一年働いたところで、退職することを決めた。

今、私は正社員でもないし責任のある立場にはいないから比べるのも少し違うかもしれないが、業務内容で理解できないことは少ない。
自分の能力のなさを卑下して落胆する辛さからは解放された。
気が楽になったら、あの時覚えられなかった簡単なこともすっと頭に入るようになった。
人間ってそういうものなんだろうと思う。


今、私の周りには転職をした人がとても多い。
やっぱり今までの環境とは違う井戸で必死に戦っている。
うつ病になりそうなくらい追いつめられている人もいる。
会社には、合う・合わないって本当にあると思う。
折角お世話になる会社なんだから一生懸命努力して活躍していってほしい。
でも、それで自分を嫌いになってしまうんだったら、そこから離れるのも一つの手だと思う。
何のための人生か。
仕事は手段であり、目的ではないはずだ。
私の大好きな人たちには、笑って楽しい毎日を送ってもらいたい。
今、転職活動中の人も数名いる。
良い職場に巡り合えますように。
良い人間関係でありますように。
努力が報われますように。
  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 仕事 | 16:04 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
できの悪い子
ダーリンの会社では人事異動シーズン。
今回も沢山の人が動いた。
私はその会社を辞めて久しいが、人事異動のリストを見て未だに知っている人が数名いるっていうのはすごいことだと思う。
その中に知合いの名前を見つけた。
私が最後の店舗にいた時のアルバイトで、どうしようもなくダメな男の子だった。

Y君は、当時20歳。
大学生だったが、学校がつまらないからと行かなくなり、アルバイトで生計を立てていた。
仕送りはあったのだが、大学に行っていないことが親にバレ、止められたのだった。
そんな訳でY君ちは電気とガスが止められ大変なことになっていた。
当然、食べ物も買うお金がないみたいだった。
Y「てな訳で大変なんすよ!
だからバイトめっちゃ来ます!」
私「学校行けよ(−_−#)」
ってか、Y君の実家は一人暮らしの部屋から徒歩20分の場所にあった…。
何てナメた男だ!!!!!
Y「実家帰ると、親はうるさいし自由がなくてイライラするんすよ´д` ;」
私「親じゃなくてもうるさく口出ししたくなるぜぇぇぇ!」

◇Y君との思い出1◇
私「ってか、シフトの都合もあるんだから勝手に出勤してんじゃねぇよ!」
Y「かすみさん…お願いします(;_;)
  自分、バイト来ないと餓死します」
そう、社食は現金がなくても利用できるのだった!(←給与天引)
私「あとね!12時間以上店にいるのも止めてくんないかな!?
  こっちはね、労働基準法を遵守しなきゃいけないんだよ!!」
Y「だって3食食べるためには12時間くらい必要っすよ!!!」
私「3食も食ってんのかよ!!!!」
Y「・・・休みの日は一日パン一個で飢え凌いでるんで・・・
  正直、連休要らないっす!」
私「(-_-;)」
とりあえず、休憩時間を多くすることで法律は守り、売上を伸ばすことで人件費率をカバーした。

◇Y君との思い出2◇
ある日Y君は作業中に脚立から落ちて服が破けてしまった。
私「大丈夫!?」
Y「あぁ、大丈夫っす!余裕ですよ、はは^^」
私「スラックス破けちゃったな・・・」
Y「あ、別に自分気にしないんで大丈夫っすよ、はは^^」
私「はは^^じゃねぇよ!!
  客商売なんだから気にしろっつーの!!!」
Y「でもそんな金無いっす!」
私はY君の仕事服を用意してあげることにした。
私「お客様からのクレームで裾が短いって返品されたスラックスと5年くらいディスプレーで使ってる蛍光焼けしたシャツがあるから、それあげるよ」
Y「マジっすか!!o(゚▽゚o)」(←それで喜ぶのもどうかと)
M君「あいつ、かすみさんに完全に依存して生きてく気満々すよ・・・(-"-;)
   気を付けてください!」
私はダメ男に貢ぐ女性の気持ちが少しわかるような気分がした。

◇Y君との思い出3◇
Y君は私にかなり懐いていた。
Y「あ、ちょっと便所行ってきます」
私「はい」
売場から離れるときは必ずどこに何しに行くかは一言言って離れることになっている。
もちろん、トイレと分からないように隠語を使っている。
Y「大きい方なんで、遅くなります!」
私「・・・・・・それは言うな・・・・・・(´□`;)」
私には懐いていたが、上司たちにはそうでもなかったので、結構目を付けられていた。
ある時上司は店長にこっぴどく怒られた。
上司「Yたちがトイレの使い方がひどいって店長に怒られた〜〜〜〜(T_T)
  俺、何でそんな情けないことで怒られなきゃいけないんだよ〜〜!!!」
私「( ̄∇ ̄;)」
上司が泣き崩れ使い物にならないので、Y君に問いただした。
私「Y君たちがトイレ使った後、床がびっしょびしょになってトイレットペーパーの屑が大散乱してるってクレームがきてるんだけど!?」
Y「・・・はぁっ!?」
私「君たち手ぇ洗った後、手を振り回したりして乾かしてるでしょ」
Y「ちょっと待ってください!
  確かにハンカチは持ってません!
  でも、トイレットペーパーで手を拭いてますから、俺ら清潔です!!」
私「・・・清潔とか不潔とかいう話をしてるんじゃないよ?
  拭いたらごみ箱に捨てろって話だよ!!」
上司「いや、ハンカチ持って来いって話だよ・・・」
何だろう、この出来の悪い息子を持ったお母さんのような気持は!?

◇Y君との思い出4◇
ある時、レジで違算が立て続けに起こった。
調べたところ、小銭の違算が出ているようだった。
店長「お前のとこのYとかいうバイト、明らかに金に困ってそうだよな・・・?」
違算が続くと当然レジを触っている人間が疑われる。
レジからお金を抜く人って、お札を抜く人よりも小銭をちょっとずつちょろまかす人の方が多いのだ。
上司「どうしよう!?
  店長からあいつ疑われてるけど!?」
私「絶対Yじゃありません!
 バイト来られなくなった瞬間、あいつ餓死決定ですから!!」(←その理由もどうかと・・・)
調べた結果、レジに慣れていないバイトの渡し間違えやら事務さんの手違いやらいろいろだった。

◇Y君との思い出5◇
そんなY君の趣味はパチスロ!!!
バイト代が入ると3日で使ってしまう。
そう、バイト代が入るとやつは調子に乗ってバイトもサボり始めるのだった。
要はそういうことしてるから貧乏なのだった・・・。
私「こっちだってボランティアじゃないんだから、シフト守ってくれないと困るんだけど!?」
イライラが達しY君に電話すると・・・。
Y「すいません・・・窃チャで捕まりました(^_^;)
私「!!!!!」
後日へらへらしながら出勤してきたY君。
私「てめぇ、次やったらクビ!!!」
Y「あぁあぁあ、それだけは勘弁を!!!!」

Y君はそれから真面目に出勤するようになっていった。
ちゃんと就職するように説得したが、首を縦に振らなかった。
Y「自分、この仕事どんどん面白いと思えてきたし、ずっと続けたいんです」
Y君はアルバイトからパートになった。
私が会社を辞める頃、パートから契約社員になれる制度ができあがった。
私「Y君、本当頑張っていい男になるんだよ」
Y「わかってます!
  任せてください(^^)v」

_____________________


あれから8年。
Y君はとあるお店の紳士マネージャーの辞令をもらっていた。
上層部から目を付けられていたY君。
パートから契約社員になるのにも上層部からの推薦状と面接が必要だ。
いろいろ苦労もあっただろうけど、頑張ったんだろうなぁ。
出来の悪い子ほどかわいいっていうけれど、本当にすっごい嬉しいものだね。
  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 仕事 | 16:05 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
語彙能力
今の職場には、よく外国人のお客様がいらっしゃいます。
80%くらいの外国人のお客様は英語が通じるので、我々もなんちゃって英語で頑張っています。

しかし、その場では出てこないのが英語である。
中学生レベルの内容でほぼほぼ通じるというのはわかっているが・・・。

Aさん「”ぴちぴち”って、英語で何て言うんですかねぇ?」
私「・・・なんですかねぇ・・・?」
A「いかにもLサイズのお客様がMサイズ選んでたので、
  ”それじゃぁぴちぴちになっちゃいますよ”って伝えたかったんですけど・・・」
私「小さすぎます⇒ too small
  で良いのでは?」
A「(゚o゚;) ハッ
  そうか!!
  なんか、簡単な言い方、簡単な言い方って考えてたら・・・!!」

日本語を英語にしようと考えるとき、
英語はあまり敬語とか関係ないので(あるかもしれないけど、私たちにそこまでの能力はないので)、
まず、日本語を簡単な表現に直します。
例)こちらにご記入ください
    ↓
  ここに書いてください
    ↓
  write please

しかし、簡単にしようとするとなぜか擬音語の表現ばかり思いついてしまうのであった!!
ぴちぴちです
ぶかぶかです
ふわふわです
ざらざらしてます
ひんやりしてます
つるつるです
A「擬音語・・・わかりやすいですよね・・・」
私「わかりやすいですよね・・・」

あぁ、オノマトペの国・・・!!
  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 仕事 | 19:51 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
確定申告
人生初の税務署に行ってきた。
私は今働いてる派遣会社で住民税を天引きしてくれないので、申告をしに。
ダーリンは、去年入院したりして医療費がかかったので、医療控除の申請をしに。

税務署は混んでいた。
何しろ初めての事なので、インターネットで簡単にできるとかのポスター見ても調べる気も起こらなかった。
とにかく、職員さんに聞くのが一番手っ取り早い方法なのだ。
30〜40分並び、相談窓口に到着!
何が必要だかよくわからなかったから、色んなものを持って行った。
身分証明書、印鑑、源泉徴収票、病院でもらったレシート一式、保険証…。
さぁ、来い!!

職員「あ、奥様のは税務署じゃなくて、市役所ですね!」
私「えっ」
職員「このまま一式市役所に行ってもらえれば大丈夫です」
どうやら住民税というのは地方税なので、担当は各市町村の役場になるそうだ…。
私の相談15秒で解決。

職員「旦那様の場合、何か保険金とかおりたりとかしてますか?」
私「はい、もらってます」
職員「支払った医療費から、受け取った保険金を差し引くと…」
そう、我が家の場合完全に元が取れていた。
職員「10万円を超えないので、控除の申請はできません」
あ、そういうことなのね…。
ま、よくよく考えたらそんな都合良く金が帰って来るわけないよなぁ。
ダーリンの相談2分で解決。

どうやら無駄足だったらしいです_| ̄|○ ガクッ

私「い、良い社会勉強になったわね♪」
ダ「(-"-;)」

それにしても、また市役所に行かなくちゃいけないのか・・・
遠いし面倒くさいなぁ・・・
とか思っていたら
源泉徴収票と同じ形式の用紙をみなさんのお住まいの市町村へ提出しております
と、会社からの通達に書いてあった(←読めよ)。
なんだ、待ってればいいのか!
今まで税金なんて勝手に引き落とされると思ってたから、いざ自分で手続きすると考えると訳わかんないね!
  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 仕事 | 16:22 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
メリット

仕事を初めて一週間が経ちました。
至って順調です。
徐々に売り場に馴染んで行っている感じがします。

私も働き始めたので、私が出勤してダーリンが休みのパターンの日は、
当然食事を用意していただきましょう!
ダ「えええ!!?俺がやるのかよ!?」
私「当然でしょ」
2ヶ月くらい食事当番から遠ざかっていたダーリンは不服そうだったが、仕方ない。
特に遅番の日などは帰宅時間が22:15頃になるし。

ダ「なんつーか、あまりメリットを感じないよな・・・」
私「・・・・・・」
ダ「前の職場、閉店時間は?」
私「20:00だよ」
ダ「今は?」
私「20:30の日と、21:00の日があるよ」
ダ「前の職場まで、通勤時間は?」
私「片道1時間だよ」
ダ「今は?」
私「片道1時間15分だよ」

ダ「まったくメリットを感じない・・・。
  逆に大変になってるじゃないか!!」
私「でも、今の職場21:00閉店で帰宅する時間って22:15だけど、
  前の職場は20:00閉店で帰宅する時間って22:00だったんだよ。
  そりゃ今の方がだいぶ楽だよ」

なんだかんだで、拘束時間が1時間ほど短くなったので、体力的にも調子良いです^^
職場には、私より年上の方が沢山いて無理をしないように上手に働いてます。
先輩がいるって、良いよね〜〜。

ダーリンにも多少メリットを感じてもらえるように、できるだけ自炊していこうと思います。
この2ヶ月で腕を磨いたので、前よりも効率的に料理が作れるようになりました(^^)v

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 仕事 | 16:46 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
なんだかすっきり

こないだの日曜が最終出勤日でした。
8月末まで嬉しい楽しい有給消化です♪


そうはいっても、まだ3日しか休んでいないのであまり実感はないんですが、気分がものすごく良いです(^o^)ノ
今朝は、寝起きの法令線が消えてめっちゃテンションが上がりました☆

きちんと寝ると、動こうって意欲的になれるものですね。
今までとっ散らかっていた部屋をちょっと模様替えしたり、掃除したりして過ごしています。
今まで使っていた、仕事の手帳、数字の入った書類、一気に捨てました。
爽快♪

今までしてたまつエクもネイルも撤去しました。
段々面倒になってたし、あちこち軽くなって気がして気持ちいいです。
職業柄、今までは背伸びして着飾ってなんぼって感じだったけど、これからは気負わずにナチュラルな感じで過ごしていけそうな気がします。

これから洋服の整理です。
今後を考えるとあまり洋服を買えなくなると推測されるので、あまり捨てちゃいけないけれど、あきらかに制服として買った気に入ってない服とかは棄てないとなぁ。
一生着ないだろうし・・・。

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 仕事 | 10:56 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
専業主婦
 専業主婦の友人と会った。
子供も結構大きくなり、手が離れて楽になったと言う。

「今日は、お昼ごはんも夕ごはんも一気に作ってきたから、楽できるよ〜!」
(↑この時点で、全然楽できてないし・・・)
しかし、彼女の携帯はちょくちょく鳴る・・・。

「甘やかしてるねぇ・・・」
私の言葉に、彼女は・・・。
「まぁ、私が勝手に遊びに行っちゃってるんだから、
家族には申し訳ないよね
。」

ええええええええええ!!!!?(  ゚ ▽ ゚ ;)

遊びに行っちゃー、いけないみたいじゃない???
子供だって、もう大きいんだから、別にいいじゃんよ!!?
と思ってしまうのは、我が家に子供がいないからなんだろうか・・・(-_-;)

専業主婦にとっての家事は、うちらにとっての仕事みたいなものなんだろうか?
不備があったら申し訳ないっていうのは、そういう意識から来ているものなんだろうか・・・?
わからん!
  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 仕事 | 16:07 | comments(0) | - | - | - |

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


bolg index このページの先頭へ