blog index

〜かすみさんの徒然日記〜

早く暖かくならないかな
コントメン vol.36

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

先日、ASH&D プレゼンツライブ『東京コントメン vol.36』を観に行ってきました〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

無事2枚チケットを取れたので、久しぶりにダーリンとのデートです。

ずっと気になっていたんだけど日程が合わなくてようやくの参加です!           

ダーリン、観劇は一緒に行ってくれないんだけどお笑いライブだとノリノリなのよね。

IMG_8586.JPG

ASH&Dという芸能事務所が行っている定期ライブで、所属されている芸人さん4組とゲストの方がご出演されますが、

何と言っても私の目的はMCのムロツヨシさんなのでしたw

席は整理番号付きの自由席なのですが、運よく前方の方をGETできました♪

 

ムロさん、出てきてやっぱり喋る、喋る!!

自分の普段の何気ない話をこれだけ熱量を持って楽しく語れる人もそういないよなぁって思います。

ムロさんの話で会場が温まったところでコントライブがスタート。

ASH&D所属と客演数組のコントを楽しんだ後

まだどこの事務所にも所属していない新人さん4組のコントを。

大学生とかでもこれだけしっかり堂々としててすごいなーと思いましたよ。

そして後半はベテラン勢のコント。

ザ・ギースの小関さんとかラバーガールのお二人はよく福田組のドラマとかで見かけるけど、コントは初めて見たので新鮮でした!

 

カーテンコールでは、重大な発表も。

「コントメン」は実は今回で最終回となって、次回からはリニューアルしてちょっと形式も変えていくんだとか。

初めて来たコントメンがまさかの最終回ということで、重要な回に参加できて何だかラッキーでした。

次回からはただのネタ見せではなく、対戦方式になって行くんだとか。

よく分からないけど、盛り上がると良いですよね(^^)v

 

最終回のフィナーレはどうする?

っていう話を舞台上で相談しあう演者さんたちw

裏表のない感じ、すごい好感が持てます。

フィナーレは、演者さんがコンビ一組ずつ左右の袖から舞台に出てきて一礼→左右の客席通路を通りお客さんとハイタッチしながら後方へ→客用出口で一礼&一言→退出という感じとなりました。

ム「舞台とかではよくある手法かもですけど・・・」

でもお笑いライブではあまりやらない手法らしいので、おろおろする芸人さんたちがちょっと可愛かったりw

舞台畑の人とお笑い畑の人が一緒にライブやるのってちょっと面白いなと思ったり。

私もムロさんとハイタッチができて大満足でした!

ダーリンも楽しんでくれたみたいで良かったです(゚▽゚*)

また日程が合えばいいなぁ〜。

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 趣味 | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
10TH

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

先日、日比谷のシアタークリエにてTENTH観て参りました〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

IMG_8519.JPG

TENTHはその名の通り10周年ってことで、ミュージカル記念祭典みたいな舞台でした。

ミュージカル界に名を馳せる役者の皆様60名ほどが日替わりで参加され、一部はミュージカルのダイジェスト公演、二部はガラコンサートという美味しいとこどりの内容となっておりました。

こんなすごい役者さんたちが集まる中、村井くんの名前も入っているのが嬉しいじゃないですか♪

チケットは瞬殺の勢いでしたが、何とか一日取ることができました。

 

シアタークリエのロビーはこんな可愛いポスターが貼られていました♪

演者さんたちのサインもあちこちに書いてあります。

IMG_8517.JPG

村井くんのサイン発見!!

Mark!!

すぐ見つけてしまった自分がちょっと怖い・・・。

IMG_8520.JPG

この日の席は一番後ろの通路側。

一番後ろでももともとの客席がそう多くないのでかなり見やすかったです。

小さめの劇場って演者さんと客席が一体化できる感じで良いですよね。

クリエって、荷物もロッカーに預けることができるし、休憩時間には客席で売店で売っているサンドイッチや飲み物などを楽しむこともできるんですよ♪

結構この劇場居心地が良いんですよね。

 

この日の一部は、『この森で、天使はバスを降りた』のダイジェスト公演。

すごい素敵な話でした。

一人の傷ついた女性、パーシーがバスに乗ってとある田舎町に降りてくる。

塞ぎこんで元気のない街がパーシーによってどんどん希望にあふれ元気になって行く。

何もないつまらない場所が素敵なかけがいのない場所へと変わっていく。

心の持ち方ひとつでこんなにも変わるんだなって素直に感動した。

パーシーも街の人たちもみんな心に傷を持っていて、それをお互い思いやりながら優しく優しく癒していく。

音楽もキレイでなんて美しい話なんだろうとまさかの大号泣。

ダイジェスト公演では勿体ない素晴らしい作品でした。

ぜひ、フルバージョンで観たいと願ってます!

知っていた役者さんでは、平方元基くんがパーシーの相手役で出演されてました。

甘く優しい歌声で癒されましたよ♪

 

IMG_8518.JPG

二部は、RENTの皆さんとZANNAの皆さんが集まってのガラコンサート。

まずはRENTのメンバーが出てきて自己紹介から。

村井くんはRENTの座長なので司会をやっていましたが・・・

皆さん好き勝手に話を始めるので

「あのー、僕まだ自己紹介まだなんですけど、話しても良いですかね??」

みたいな感じで可愛かったですww

 

ガラコンサートって何かな?

と思ってたんですが、まさに舞台のいいとこどり!!みたいな感じ。

曲に合わせてきちんとそのシーンを演じてくれるので迫力も感動も半端なかったです!

 

お次はZANNAのメンバーが出てきて自己紹介&ZANNAの簡単なあらすじ紹介。

ZANNAは異世界に暮らす高校生たちのラブストーリー。

その世界は同性愛が普通で異性愛が迫害される世界。

魔法使いのZANNAは誰でも愛し合える世界を作ろうとするけれど、誤って逆の価値観を持つ世の中を作ってしまったという話。

RENTもそうだけど、恋愛の多様性を訴える作品が増えているのかな?って感じました。

可愛くて元気でPOPなお話の中にちょっぴり切なくて泣けて考えさせられる個所もあってと3曲しか聞いてないけれど感じました。

ZANNAの話も気になるなぁ!!

 

一回の公演で3度おいしい本日のTENTH。

やっぱり皆さん舞台で活躍されているので全員歌が素晴らしいんですよね。

心が鷲掴みされまくりですよ!!

素晴らしい舞台を観に来れて本当に満足でした!!

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 趣味 | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2017年 マニア活動振り返り

2017年は、東京に帰ってきて2年目。

生活が落ち着いてきたというのと、M先輩も舞台沼にはまってしまったということもあり、観劇本数もすごいことになりました。

 

4月。

魔王コント観劇。

2017年最初の観劇は非常に哲学的でずしりと心にのしかかる作品でした。

崩壊シリーズリメンバー・ミー観劇。

楽しくてただただ笑えて面白い大満足な作品でした。

きみはいい人 チャーリーブラウン観劇。

話自体は絵本を見てるような感じであまり面白いとは思わなかったんですが・・・やっぱり村井くん好きだな〜っていうのと、中川晃教さんにはまってしまった作品でした。

ヨーロッパ企画上田さんサイン会参加。

舞台の何を重視するかと言われたら、やっぱり作品の内容ですよね、と改めて実感するわけです。

 

6月。

動物電気 タイム!魔法の言葉観劇。

初・動物電気はちょっと濃厚すぎて胃もたれしそうな感じでした(^_^;)

黒雲峠観劇。

静かで地味ではあるんですけど上質な感じで惹きこまれて行った作品。

M先輩が山本一慶くんに惹かれていく気持ちもわかる気がしました。

 

7月。

レ・ミゼラブル観劇。

久しぶりの本格ミュージカルに大興奮!

相葉っちの迫力ある歌声が素敵過ぎて、これからミュージカルを何本か観に行くことを決めてしまいましたよ。

そういえば、私ミュージカル結構好きだったのよね〜・・・。

歴タメLIVE鑑賞。

戦国鍋っぽいコントから本格和太鼓の演奏まで幅広い演出で楽しめました。

 

8月。

夏の夜の夢観劇。

一慶くんの麗しい女装姿に萌えながら、可愛らしいお話をほのぼの見ることができました。

僕たちの小トリップイベント参加。

村井くん&さと兄のイベントは3回目。

またこのコンビと会えて幸せでした。

 

9月。

映画・ねえこの凹にハマる音をちょうだい 鑑賞。

ミニシネマの独特な世界観を堪能して参りました。

啓さんだけでなくさと兄やコバケンさんなど沢山の演者さんが挨拶に集まっていて感激でした。

 

10月。

ヨーロッパ企画 出てこようとしてるトロンプロイユ観劇。

IMG_8059.JPG

去年の作品とは全然違う切り口で楽しませてもらいました。

反復が多い作品だったので途中「またかよ!!」って思う場面もありましたが楽しかったです。

次回はどんな切り口の作品を作るんでしょうか?

来年も楽しみです。

 

11月。

アダムスファミリー観劇。

IMG_8085.JPG

見た目のおどろおどろしさとは全然逆で楽しくて可愛くて心温まるミュージカルでした!

村井くんも可愛らしかったです^^

 

12月。

ハムレット観劇。

IMG_8291.JPG

今回はシェイクスピアのハムレット、ガチ中のガチの作品。

美しい一慶くんが顔を歪ませ涙や鼻水を垂れ流して泣き叫ぶ迫真の狂気の演技にはぞっとさせられました。

ガチの演出だったので、重いし暗いし最後みんな死んじゃうし、何一ついい事がない内容なんですよね・・・。

「はぁ〜・・・・・・・」

拍手よりも深いため息が出てしまった一作でした。

 

俺旅4イベント参加!

IMG_8294.JPG

銀杏がキレイなお茶の水にて、今年最後のイベントに参加して参りました。

IMG_8296.JPG

村井くんもさと兄も優しくて可愛くて、またこのコンビと会えたことが本当に嬉しかったです。

俺旅シーズン4は来年からテレビ神奈川とかでスタート!!

楽しみです。

 

そして・・・

ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭 を本日これから観劇して参ります(^^ゞ

毎年恒例のるひまの舞台。

どうしようかな〜と毎回悩むわけですが、今回内容が真田丸のパロディみたいだし、さと兄も出演だしってことで行ってきます!!

レポは、来年にでも!!

_____________________

 

舞台鑑賞は楽しいんですが、体力も財力も消耗するのが欠点ですよね(^_^;)

来年はもう少し取捨選択して疲れない程度に楽しんで行こうかなと思っております。

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 趣味 | 00:21 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
2018年度 カレンダー

今年も村井くんのカレンダー買いました。

カレンダー機能としては微妙ですが、やっぱりね、目に付くところに置いとくと気分があがるんですよね。

 

2018年度のカレンダーも壁掛け用と卓上のセットです。

IMG_8247.JPG

先行予約したので、サイン入り♪

ありがたや!

でも、ダーリンが嫌がるので壁掛け用は飾らず保管なのでした(^_^;)

IMG_8249.JPG

卓上は小さいから、飾るけど。

 

今年もカレンダーイベントは参加しないことにしました。

一日3回イベントがあって、一回¥7000(カレンダー込)。

2回以上参加すると、その場でサインがもらえる仕組み。

やっぱりね、ものを無駄にしたくないというポリシーは変えられない。

カレンダーは一部で良い。

でも、サインは欲しい!!!

ってなったら、やっぱり予約して特典でサインGETして、俺旅のイベントでお話しするという流れが一番ベストであろうという結論にたどり着いたのですよ。

 

また特典として、クリアファイルと

IMG_8245.JPG

チェキが一枚ついてきました^^

IMG_8248.JPG

 

壁掛け用カレンダー、一月のを広げて思わず大笑いwwwwwwww

IMG_8250.JPG

お分かりになりますでしょうか?

IMG_8251.JPG

この袖口である・・・。

 

商品カタログだったら、絶対ダメなやつでしょwww

うまく途中でピンで仮止めとかして袖口はそのままにできなかったのかなぁ?

おそらくこういう撮影用というか商品サンプルってMサイズが多いのよね。

村井くん、絶対Sサイズだもんね、袖余るよねwww

恐らくなんですが、タイト目のアンコンジャケットなので、袖ボタンは3つついていると推測されます。

大体4cm詰めくらいでしょうかね。

商品サンプル、レンタルだろうから直すわけにもいかないしね。

買い取ったらすっごい高そうだしね。

何て言うか、いろんな努力が垣間見える一枚だなぁ〜。

めっちゃ面白いじゃん!!!

 

職業病なんでしょうか?

 

来年も村井カレンダーに癒されながら過ごせそうです(゚▽゚*)

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 趣味 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
観劇予定 2017年度後半戦

2017年度も後半戦に入りました。

会社の年度が9月から下期なので、何だか9月になると後半戦って感じがします。

 

とりあえずの舞台予定。

10月。

・ヨーロッパ企画の『出てこようとしてるトロンプロイユ』観劇予定!

11月

・村井君出演の『アダムスファミリー』観劇予定!

12月

・M先輩推しの山本一慶くん出演の『ハムレット』観劇予定!

・来年放送決定の俺旅シーズン4に村井くん&さと兄出演決定したので、イベント参加も決定!

 そしてまた同じことで悩む私。

 1部だけ出るか3部通しで見るか、どうしようか。

・来年度の村井くんのカレンダー発売も決定♪

 イベント参加はどうしようか。

 年末の土日そんなに休めるのか。

・年末るひま作品『ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭』観劇予定!

 全部で4時間くらいあるけど、私の体力大丈夫なのだろうか!?

1月。

・シアタークリエ10周年記念コンサート『10TH』鑑賞予定!

 このメンバーって、本当すごいメンバーばかり!!

 この中に村井くんがいるってすごい嬉しいこと♪

 この間のスヌーピーのミュージカルから中川さんの歌が忘れられないので、村井くんと中川さんが出る日を狙っていこうと思ってます☆

・劇団新感線『髑髏城の七人』観劇予定!

 妹に誘われた&拡樹くんや広瀬くんが出演決定したので気になっていたのよね・・・。

 

M「年末年始、いよいよ村井くん、かすみさんを殺しにかかってるわね・・・」

私「破産確定ですな・・・(-_-;)」

さらに来年はミュージカルを数本見る予定がもう決まっているので、どうしようかといった具合。

さて、捻出するために色々考えて節制したいと思います(_ _。)

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 趣味 | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
映画 関ヶ原 鑑賞レポ

JUGEMテーマ:映画の感想

 

映画『関ヶ原』鑑賞して参りました〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

2時間半という長い映画でしたが、結構短く感じました。

観終えて、まず思ったのが・・・

 

難しすぎてよくわからない

 

私は戦国時代の本は沢山読んでいるし、関ヶ原の原作も上巻だけだけど読んでいる。

割と詳しい方なんじゃないかと思っている。

混乱しながら私はなぜよく分からなかったのかを考えてみた。

 

まず、言葉が分からなかった。

色んなお国ことばで話をしている場面が多かったので、それもあるかも。

特に島津軍の薩摩言葉がまったくもってわからなかった。

次に会話が白熱した時に同時に怒鳴りあったりしているために双方ともに何と言っているかわからなかった。

更に台詞が早口であることが多かった。

三成役の岡田くんも家康役の役所さんもそこまで滑舌が良くないので早口だと本当にわかりにくいよ。

 

次に、話の流れが分かりづらかった。

あれだけ複雑な情勢を2時間半にまとめるのは難しいだろうけど、歴史に詳しい人は話の流れが分かっているから良いだろうけど、歴史初心者が見て理解できるんだろうか?

原作本の上巻しか読んでいないから分からないんだろうか?

何やら原作に出てこないシーンが多々出てきたけど、あれは何かの伏線で中巻やら下巻やらに出てくるのかしら?

ってか、初芽役の有村さん・・・いつからあんなアクロバティックな役どころに・・・?

 

合戦のシーンは素晴らしいと思いました。

関ヶ原という広々とした真っ平らな場所があったわけではなく、山間のちょっと平らな部分だし、雑草だらけで高低差だらけで非常に狭いし動きにくいしってのが表現されててすごいなと思いました。

馬に乗ったまますごいスピードで走り寄って行って戦うシーンなんて、馬も怖かったでしょうよね・・・。

どうやって撮影したんだろう?

馬だって怪我したくないでしょうから突進なんてしたくないだろうし・・・ぶつかったら骨折間違いないし乗ってる人だって死ぬかもだし。

CGなのかなぁ?

何なのかなぁ?

沢山いる槍隊が徒党を組んで攻め寄せたり対峙する様子もものすごい臨場感でした。

合戦の様子は、絶対無理だろう的なアクロバティックな殺陣などは一切なくて、きっとこんな風に武具を操っていたんだろうなぁって納得できました。

ただ、やっぱり流れがわかりづらかったです。

どの軍勢が東軍でどの軍勢が西軍かがわかりにくい。

観てる人みんながみんな旗印と兜を知ってる前提なんでしょうか?

地図や上空からの俯瞰図などがなかったので、全体図が分からない。

吉川&毛利隊が南宮山に上ったのはわかったけど、どの位置かもわからないし、小早川隊がどう動いたから大谷隊が飲み込まれたのかが見えてこなかったです。

 

最後に、映画館の席選びを失敗したということでした(^_^;)

係「目線の高さが一番いいのがこちらの列になります」

と言われ、真ん中くらいの席を選んだら、近すぎたよね・・・(-_-;)

近いから微妙に焦点が合わないまま見てたのですが、映像が早回しになったりいろいろするので、軽く酔うという失態を犯しまして・・・。

やっぱり後ろの席にしておくべきでした。

 

私「難しくなかった?理解できた?」

ダ「勢いと雰囲気でわかるだろ」

そんなもんかね・・・。

 

_____________________

 

後日。

歴史好きのM先輩と共に二回目の関ヶ原観劇に行きましたとさ。

今度は原作本も全部読んだうえで臨みます。

席も後ろの方を選んだので、今回は酔いませんでした。

今回は細心の注意を払って観てみました。

やはり言葉が聞き取りづらいけれど、頑張れば何とかなる!

台詞では、人の名前を官位名で呼んでいるので、やっぱりある程度知識がある人じゃないとわかりにくいんじゃないかなと思いました。

そして、話の流れをもう一度改めて観てみて・・・

 

どうしてこうなった・・・?

 

と。

原作の話はものすごくいろんな話が詰まっていて濃いものとなっている。

それを2時間半にまとめるのはすごく難しい。

けど、その部分必要だった???

と思うところも幾つかありました。

一番は有村さん演じる初芽をはじめとする忍びの皆様方。

何でそんなことに?

そんな変な演出入れるくらいなら、司馬遼太郎原作じゃなくていいんじゃないかな?と。

一番わからなかったのは、映画では関白秀次の女子供たちが処刑される場面があり、小早川秀秋が「駒姫は助けると言うたではないか!」と三成に迫るシーン。

秀秋さんと最上家にどのような関わりが?

原作にはそのような場面一切ないし、ウィキペディア一生懸命調べたけどそんなエピソードも関わりも見つけられなかったよ・・・。

原作では駒姫を処刑され恨みに思う最上は当然家康側に付いたという記述は合ったけれど、そもそも映画に最上家一切出てこない。

というか、直江兼続が出てきたのに、「上杉征伐」のくだりがまったくない!!!

 

M「私も思った。

  関ヶ原ってどちらかというと武力衝突というよりかは、政治戦争じゃない?

  その調略とか揺さぶられた人の動きとか描かれてなかったよね。

  上杉征伐に行ったくだりもないし、なんか当たり前のように関ヶ原に集まって戦ってたわよね・・・」

そう、映画ではなぜ戦が起こるのか、なぜ関ヶ原なのか全く描かれてない。

戦の間もなぜ毛利&吉川隊は南宮山に登ってしまったのか?

小早川秀秋が裏切ることがどうして勝敗を分けることと直結したのか?

島津はどうして動かなかったのか?

など描かれてないことだらけでもやもやしました。

 

M「でも映画の見せ方が日本の時代劇って感じじゃなくて、ハリウッド映画って感じだったわね」

確かにそんな雰囲気。

迫力満点で見せ方が素晴らしかった分、話の分かりづらさが残念な映画だったなぁと思いました。

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 趣味 | 00:12 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ねえこの凹にハマる音をちょうだい 鑑賞レポ

 

IMG_7310.JPG

 

応援している役者の加藤啓さんが映画を撮ったそうなので、観に行って参りました。

MOOSIC LAB2017という映画と音楽の融合をテーマにした祭典で、色んな監督さんが作品作りに挑戦していました。

啓さんが撮ったのは、『ねえこの凹(あなぼこ)にハマる音をちょうだい』という作品。

単館上映で回数も少ないし、席数も少ないし、予約はできないし、先着順だし、夜の9:10〜だったのですが、タケさんが仕事帰りに新宿まで来てくれて一緒に観賞しました♪

タケさん、さんきゅ☆

 

同時上映で『ぱん』という短編映画も一緒に公開されてました。

ほのぼのな内容かと思いきやまさかのバイオレンスな展開に驚きと動揺が隠せないまま10分の作品は終わりました(^_^;)

「え!?なになに!!?どういうこと・・・!!!?」

 

『ぱん』の次は、啓さんの作品です。

さと兄やコバケンさん、かっちや応援している役者さんたちが勢ぞろいしていて思わずにやついてしまいました。

るひまの舞台でお馴染みの皆さんやら小劇場でよく見かける皆さんも沢山ご出演されてて、やたらと親近感を持って鑑賞できました。

話は哲学的なようなよく分からないようなシュールでなんとなく笑えてなんとなく寂しくて最後はちょっとほっこりするような感じでした。

啓さんは「美人じゃない女性でもずっと見ていたらチラッとかわいく見える瞬間がある」的な事を言っていましたが・・・

何もそこまで!!!

とツッコミを入れまくらずにはいられないほどのダサい衣装ばかり着ていました。

今どきどこでそんな変なトレーナーが売っているのか!!?

 

上映後には登壇挨拶がありまして、啓さん、さと兄、コバケンさん、市川しんぺーさん、中村まことさん、『ぱん』の監督の辻凪子さんがいらっしゃいました。

辻さんは関西にお住いの学生さんだそうで、可愛らしい方でした。

「私も昔パン屋でアルバイトしてまして、(←うんうん(^^))

 そこの店長がめっちゃ嫌なやつで(←・・・)

 映画の中で店長に復讐して鬱憤を晴らさせてもらいました^^(←ヾ(ーー )ォィ)」

でも、学生さんなのにこうして作品を作って世に発表しているんだから大したものよね。

作品の出来栄えはそりゃぁまだまだなところは沢山ある感じでしたけど、動揺が激しかった分、記憶にはめっちゃ残る作品となりましたよ!

 

その後は啓さんたちによる撮影裏話などを聞きました。

出演者の皆さんはそれぞれ舞台本番とかいろいろあって、撮影の日程によって居たり居なかったりする人がいたりとか場面によって桜が咲いてたり咲いてなかったりしてたそうで(^_^;)

映画とか撮るのって大変なんですね。

わいわいしてる感じが聞いていて楽しかったです。

トークショーが終わり、劇場を出るとロビーには演者さんたちがずらりと待機していました。

私たちが見た回が最終上映回だったので、それで沢山いらっしゃったのかも。

こんな近くで観られるなんて貴重だわ♪

でも、話しかける勇気もないので邪魔しないようにそそくさと映画館を後にします。

 

メジャーな映画にはない独特の空気感と特別感。

結構楽しかったです(゚▽゚*)ニパッ♪

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 趣味 | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
僕たちの小トリップ イベントレポ

先日、僕たちの小トリップ第二弾伊豆〜下田編のイベントに参加して参りました〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

第一弾の箱根編のイベントは去年のクリスマスにあったけど、発表がシフト希望出した後だったし、かき入れ時に休むなんて図々しこともできなかったので泣く泣く諦めることに・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

まさか第二弾もやってくれるとは思わなかったので、すっごい嬉しいわ♪

しかも、8月の閑散期にやってくれるなんて、何てありがたい!!

村井くんと直接お話をできたのは去年の4月以来なので、もうそれは気合が入ります!!!

IMG_7197.JPG

会場は、関内駅より徒歩8分ほどのテレビ神奈川本社の1階。

ハーバーズダイニングというレストランとイベントスペースを兼ねたような場所でした。

あ、ちなみにこの日の関内駅は横浜スタジアムにて横浜VS阪神があったため、虎の出で立ちの方が多く見受けられました。

 

イベントは一日3回。

私はすっごい悩んだんですが、今回は一回のみの参加としました。

色んな舞台のチケットを買ってしまったので、予算的に難しかったんですね!!!

前日も夏の夜の夢見てたから、朝も当然起きれないことを予想済みなので、私が参加したのは第二部。

第三部とどっちにしようか考えたのですが、第三部はイベントの途中に村井くんとさと兄帰っちゃうからちょっと寂しいのよね〜(´□`;)

ということで、中だるみの二部を選択したのです。

 

イベントは15:00から。

「俺旅」の国内版ということで、イベントの進行方法も同じでした。

本編を見る→村井くん&さと兄登場→トークショー→ハイタッチ会

なんですが、

今回の司会の方は番組のプロデューサーの三木さん(通称:三木ティ)という方でした。

面白そうなおじ様だったのですが、滑舌が今一つなのと司会進行をするというよりは、さと兄がどんどん脱線して行ってるのをほのぼのと見守ってしまう感じwww

なので、何と言ってるのかわからない。

進行方向も定まらない。

三「ほら、あれ、あの時あれしたでしょ・・・」

ふわっとしすぎててもちろん客席にもそしてさと兄にも何も伝わらないという悲劇。

映像を見てからの思い出トークをする場面。

三「あのカットした部分なんだけどさ〜・・・あの時あぁしたよね〜」

さ「だから、さっき流した映像から話してってばww」

さ「俺ら編集立ち会った訳じゃないからどれが切れててどれが残ってるかわかんないし!

  てか、行ってから随分経ってるからもう記憶が定かじゃないしww」

村「あぁ、もうこんな二人に挟まれてwww」

俺旅のイベントの時はちゃんとした司会の方がいたものなぁ・・・。

天然にぼける三木ティさんとの3人トークはなかなかスリリングでした。

さ「二部に参加のお客さん、本っっ当にすいませんでした!!!」

それはそれで面白かったです!!

 

スリリングなトークショーの後は、プレゼントタイム。

二人が行った動物園や道の駅でのお土産などを抽選でプレゼントしてくれます。

三「景品は、さっきと一緒。これね・・・」

紙袋からぬいぐるみの頭をチラッと出してすぐさま仕舞う三木ティさん。

てか、見せてくれないと何が景品か全然分からんて!!!!!

さっきと一緒ってwww

通してみてない人にはわからんし!!!!

ひどい紹介っぷりに村井くんもさと兄も腹筋崩壊。

涙を流してゲラゲラ笑いこける村井くんに会場はまた萌えてみたりして(*´ェ`*)

プレゼント、私の隣の席の人がGETしてました。

いいなーーーーー。

 

プレゼントの抽選会の後は、ハイタッチ会。

三「後が閊えますので、お話は手短にお願いします〜」

今回は何て声を掛けようか悩んだんですが、

「好きです」も「応援してます」も「頑張ってください」も過去に言ったことがあるので、

ここはこれからの作品を応援するコメントを言うことにしました。

 

私「お会いできて嬉しいです^^」

さ「わ―♪そんなこと言ってもらえて嬉しいよ」

私「9月のK’sシネマ行きますね!」

さ「すっごい嬉しい、待ってるな!!」

さと兄からは、ポストカードもらいました(゚▽゚*)

IMG_7202.JPG

私「またお会いできて嬉しいです(〃∇〃)」

村「ありがとうございます!」

私「アダムスファミリー、観に行きますね!」

村「ほんとですか!?お待ちしてます!」

もうね、やっぱり村井くんの笑顔は天使ですよ。

素敵だわ〜・・・。

でも、RENTは(気分的に)観に行けなくてすいません・・・(T_T)

村井くんからは、駄菓子でお馴染みのガムをもらいました。

IMG_7204.JPG

裏面には二人の写真が!!

IMG_7203.JPG

こういうのもあるんだね!

食べれないじゃん!

それとも中だけ食べて外箱飾るか・・・?

 

久しぶりにお話をさせてもらったので、もうテンションが上がりすぎてやばかったです!!!

にやにやが止まらないっ!!!

さ「第二弾をやったってことは、第三弾??」

村「それはイベント3部で言えるかも?」

さ「もしやるなら、どこに行きたい?どこでも行けるぜ!」

村「さと兄の実家とか?」

さ「え!!?実家がある栃木じゃなくて、俺んちの実家に行きたいの!!?」

何なの!?村井くん、ご実家に御挨拶なんてリアルにさと兄と結婚する気!!?(←激しい妄想)

でも、国内での車の旅ならそこまでお金かからなさそうだし、第3弾もできるかも♪

期待しちゃうなー。

 

さと兄は「ぐだぐだですいません!!!」って言ってたけど、だいぶ笑ったし体力消耗した回だったと。

今回1回しか参加できなかったけど、2部に参加して良かったわ。

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 趣味 | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
夏の夜の夢 観劇レポ

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

その日我々のメインは、舞台鑑賞〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

M先輩一押しの山本一慶くん主演の夏の夜の夢を観劇して参りました。

IMG_7195.JPG

夏の夜の夢はご存じシェイクスピアの作品。

私は名前は知ってるものの話を知らなかったので、興味津々でした。

今回は全員男性で、山本くんはヒロインのハーミアを演じます。

美しい(。-_-。)ポッ

場所は亀戸にあるカメリアホール。

こないだ黒雲峠を観た場所です。

どうやら今回も同じカンパニーが制作している模様。

こないだ尺八演奏をされていた松村さんが今回はピアノ演奏で参加されていました。

その他この少ない人数の俳優陣の中に河合さんが3人もいることが不思議でした。

が、客席に河合雪之丞さんがいらっしゃったので、歌舞伎の一門の方たちが参加されてるんだなぁとわかりました。

 

前回の黒雲峠の時にも思ったのですが、派手な演出や舞台装置はないけれど、丁寧で上質な舞台だなと感じました。

ホールの大きさとピアノ演奏&時に尺八ソロも合っていていい感じ。

多分尺八とフルートって吹き口がすごく似てる感じなので、音質も似てるよね。

なので時代劇じゃなくてこういう洋劇にも合うというか。

舞台装置も丸いベンチみたいなのが3つあるだけでしたが、じょうずに使ってこちらも想像する余地があって。

笑わせるところは笑わせてくれて。

何よりも山本くんが美しいったら・・・(^_^;)

 

あらすじは、有名な作品なので割愛します。

今回ようやく夏の夜の夢のストーリーが分かって、2013年るひまのどりじゃんの意味が分かりましたね・・・(^_^;)

どりじゃん、意味不明すぎたけど・・・ただでさえ夏の夜の夢がややこしい話なところに幕末志氏の明治政府誕生をMIXしてるひまならではのパロディやらダッタン人やら織り交ぜたらそりゃ意味分からんわ〜〜と4年越しに納得したのでした。

最後、城下に住む民による劇中劇が行われて終幕なのですが、下手くそな劇中劇を見せられて何の意味があるのだろう?

と別の謎が。

M「おそらくあれは、詳しくは分からないけど、シェイクスピアがいた時の政権に対する批判が込められているみたいなのよね。

きっと原作を読めばそれぞれの登場人物が〇〇の風刺みたいな感じで分かると思うんやけど・・・」

私「読まないだろうな・・・」

M「まぁ、読まへんやろうな・・・」

特段イギリス史に興味は無し。

 

今回はパンフレットも作ってないくらいのこじんまりとした舞台だったのですが、次回作の案内チラシはくれました。

M「次回はハムレットですって♪」

私「行きましょう」

後で調べたのですが、この舞台のカンパニー、アーティストジャパンさんは、山本一慶くんや尺八奏者の松村さんが所属している芸能事務所の名前のようでした。

だからこのお二人が絶対出ているのか、と納得。

ハムレットは悲しい話だからあまり好きな内容ではないんですが、このカンパニーが作る舞台が心地良くて気に入ったので、また観に行こうと思っています。

一慶くん、今度はオフェーリアなんだろうか・・・・・・???

楽しみです^^

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 趣味 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
銀魂&おまぐん

 

IMG_7146.JPG

8月某日。

タケさんと映画を観るため渋谷で待ち合わせ。

待ち合わせのハチ公像にはにゃんこが寝ておりました♪

可愛い(。-_-。)ポッ

 

この日は、銀魂とお前はまだグンマを知らないの二本立て!

 

銀魂

学生さんたちが夏休み中ということもあり、映画館は我々の予想以上に混雑していました。

席が完売とか、前方の方が数席しか残ってないとか、映画館ってそんなに混雑していないイメージだったのでびっくりですよ。

この日は2本観る予定なので、良い席よりも、とにかく座れる場所で座ってみることに。

私は原作の漫画を読んだことがなかったので、どんな話なんだか全然分からなかったのですが、とても楽しく観れました!

幕末の歴史上の人物たちがモチーフとなった登場人物なので、何となく人物相関図が分かるのがありがたいやら、幕末の歴史にはまだまだ疎いのでいまいち分からないところもあったりとか。

笑いありシリアスな展開ありでものすごく楽しめました。

福田さんの作品といえば、どっちかっていうと予算がないB級感漂う作品が多かったので、こんなCGめっちゃくちゃ使いまくった格好良い映画だとは正直思ってなかったので、期待以上でした(^_^;)

 

お前はまだグンマを知らない

こちらもマンガの実写版の映画。

ちょっと前に超深夜で連ドラをやっていたのですが、それの映画版。

こちらは安定のB級感www

イケメン台無しの間宮君の顔芸は楽しかったのですが・・・・・

これ、ドラマとどこが違うのかな・・・?

正直、CMが入ってないだけなのでは・・・?

初めて見る分にはいいけれど、テレビ観てから映画に臨んだ私。

何一つ新しい映像がなかったけど・・・!!!?

映画版にする意味ってどこにあったのかな!!???

違う話が観れると思ってきたので(当然ですよね?)、かなりガッカリしました。

  読んだよ!ボタンの代わりにぽちっとな♪
   (別ウィンドウが開きます↓↓)
             
| かすみ | 趣味 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>


bolg index このページの先頭へ